このページの本文へ

プライズ株式会社が提供するドキュメンテーション・情報共有SaaS「flouu」、株式会社パソナテックへ導入

2020年09月29日 10時00分更新

文● プライズ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プライズ株式会社
プライズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:内田孝輔、以下当社)は、パソナグループの株式会社パソナテックに、当社が開発・運営するドキュメンテーション・情報共有SaaS『flouu』が導入されたことをお知らせいたします。




【flouuとは】
flouu(フロー)はドキュメンテーション・情報共有から企業の働き方のDXを推進するリアルタイム情報共有ツールです。文書作成・ナレッジ構築における「作業」「コミュニケーション」「活用」のプロセスをflouuに集約することで、1週間に5時間かかっていると言われる文書検索の時間、同じく10時間かかっていると言われる文書作成の時間を大幅に削減し、業務効率化に繋げます*。


【導入の概要】
パソナテックは、IT領域での人材サービスやソリューション事業を展開する企業です。同社が今後注力していくSAP S/4HANAの導入を初めとした開発業務のグローバルソーシング事業におけるプロジェクト推進をより効率的に行うべく、仕様書の作成・管理や会議の議事録・タスク管理を目的としてflouuを導入いただきました。
またパソナテックとはflouuの導入に加え、開発業務のグローバルソーシングをより効率的に行うための機能の共同開発やグループのネットワークを用いた拡販などの協業についても検討を進めていく予定です。

【導入企業のコメント】
株式会社パソナテック 執行役員 長谷川 芳紀 様
パソナテックでは、協力会社様にご支援をいただきながら多くの受託開発を行っており、日頃から、設計書を機能的にWeb上で作成でき、複数の人が同時にリアルタイムで編集、共有できる仕組みが欲しいと思っていました。flouuは、これらの機能を実現していることに合わせ、ドキュメントを中心にQA、課題のコミュニケーションができる点が新しいと感じています。結果として、設計書を完成させるまでのコミュニケーションなど含めたトータル工数の削減につながっています。また、我々はベトナムオフショアを前提にプロジェクトを構成することが多く、flouuによるドキュメント中心のコミュニケーションは、ベトナムチームとの仕様理解の向上にも効果を発揮しています。さらなるflouuの進化は我々のプロジェクとの進化に直結するツールであり、今後のバージョンアップにも期待しております。

【プライズ株式会社 代表取締役CEO 内田 孝輔 のコメント】
受託開発を行う企業はプロジェクトの推進の過程の中で大量のドキュメントを作成し、多くの関係者とコンセンサスを取り、証跡を残していきます。一方で開発の現場は慢性的な長時間労働となるケースも少なくありません。当社は「テクノロジーの力で仕事の『摩擦』をゼロにする」をビジョンとする企業として、flouuにより日々の文書作成・コミュニケーションを効率化し、過去のプロジェクト資産を活用することでより効率的なプロジェクト推進が行えるよう導入企業様の働き方のDXを支援して参ります。

■プライズ株式会社 概要
会社名:プライズ株式会社
代表者:代表取締役CEO 内田 孝輔
設立 :2018年1月24日
所在地:東京都新宿区新宿7−26−7 ビクセル新宿1F
URL :https://pridze.jp
ミッション:働くひとの価値を最大化する
ビジョン :テクノロジーの力で仕事の『摩擦』をゼロにする
事業内容:flouu(フロー)の開発・販売 https://flouu.work
      各種コンサルティング

*出典:Bridging the information Worker Productivity Gap: New Challenges and Opportunities for IT, IDC

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン