このページの本文へ

月額500円から電気・ガス・水道メーターがスマートメータリングシステムに!高精度の組込AIエンジン搭載「OCR式LPWA自動検針サービス」

2020年09月28日 15時00分更新

文● アシオット株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アシオット株式会社
~ ワンコイン検針サービス  2020年10月1日より提供開始 ~

組込AI関連事業の企画や開発を手掛けるアシオット株式会社(本社 東京都町田市、代表取締役社長 三上 楊平、以下「ASIOT」)は、2020年10月1日より、日本初の自動検針サブスクリプションサービスとして、ワンコインで既設の電気・ガス・水道などのメーターを遠隔検針可能にする後付け型スマートメータリングシステム「OCR式LPWA自動検針サービス」の提供を開始いたします。




■「OCR式LPWA自動検針サービス」の特徴

1.OCRカメラでメーターを自動検針。電気・ガス・水道などの点検業務のIoT化を実現

既設の電気・ガス・水道などのメーターに、安価に後付けできる数値読取用アタッチメントを使用することで、遠隔検針が可能になるスマートメータリングシステムです。組込AIを使うことで、クラウドを使用せずに画像データから符号化。読取った数値はLPWA通信「ZETA/NB-IoT等」を利用して送信します。追加学習・モデルOTA再配信により長期高精度信頼性を持ち、伝送頻度の制御より電池交換なしで8~10年使用が可能です。




2.複数なLPWA規格であらゆる場所に配置が可能

NB-IoT等携帯電話のネットワークを用いて実現するので、ネットワークインフラの構築が必要ありません。または自前のネットワーク(非セルラLPWA : ZETA/LoRa/WiSUN)を利用し、集合住宅等通信環境が不良の場合や長距離の通信を行う際には、マルチホップ・メッシュなど利用可能になります。




3.見える化サービス

時間帯別(日次、月次、年次)グラフで時間帯ごとに電気・ガス・水道使用量を把握することで、使用量異常、前回比異常、検針デバイス電池異常など検出可能。また、時間帯別料金に対応した料金内訳付請求書、使用料金明細書を作成できます。エネルギ(電気、ガス、水道)時間帯毎の使用量と料金をPDF/Word/Excel/CSVなどの形式ファイルで一括でWebより出力できます。




4.データ分析サービス

検針データ、グラフをパソコン・スマホ等で消費者に提示できます、消費者とのコミュニケーションとして有効になる他、総使用量、昼間使用量、夜間使用量、ピーク使用量時間帯などの分析により、エネルギー使用パターン変更による電気、ガス、水道料金削減、ピークシフトによる契約電力削減が可能になります。さらに、漏電・漏水・漏気検知の他に、高齢者の見守り、空き巣被害の予防、オフィス・店舗向けの省エネコンサルティングなど、さまざまなシーンでご活用いただけます。




■ 料金プランについて

ご利用シーンに応じて、下記4つのプランよりお選びいただけます。




(※1):表示料金は月ごとのものです。台数に応じて年単位で請求されるため(事前請求)、経費を節約することもできます。
(※2)クラウド検針サービス機能を無償でお試しいただける 「¥0プラン」もございます。
詳細につきましては、下記【「OCR式LPWA自動検針サービス」について】専用ページよりご覧ください。)
(※3)初回のお申込み日から1ヶ月間、はどのプランでお申込みいただいても「プロフェッショナルプラン」の機能をご利用いただけます。
(1ヶ月間後、新たにプラン変更のお申出がない限り、従来の料金プランに切り替わります。)
(※4) OCRカメラ自動検針のスターターキット(体験キット)を毎月10セット無償提供いたします。
(1ヶ月間、利用料金は無料となります。)



■ 「OCR式LPWA自動検針サービス」お申込み方法について

本サービスへのお申し込み、その他ご質問やご不明な点などございましたら、下記お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

【Mail】contact@ocrcamera.jp
【お問い合わせWebフォーム】https://ocrcamera.jp/contact/
【「OCR式LPWA自動検針サービス」について】 https://ocrcamera.jp/

■ ASIOTが提供するサービスについて

ASIOTは、これまで組込設計・開発で培ってきた高い組込み実装技術と、ニューラルネットワーク圧縮技術を用いて、組込向けAIライブラリを提供するなど、お客様の多種多様なニーズにお応えしてきました。日本初の自動検針サブスクリプションサービスである「OCR式LPWA自動検針サービス」では、今後蓄積されたビッグデータなどを活用し、サービスの品質向上を進めていく他、パートナー企業を募り、新たなビジネスモデルの展開なども予定しています。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン