このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

業界人の《ことば》から 第406回

部分洗いが手軽にできる洗濯機アクア“Prette”、消費者の要求にピンポイントの回答を

2020年09月21日 21時30分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「いまの難局において、メーカーの技術力とクリエイティビティが試されている。アクアは、『洗いのプロ』。新世代洗濯機は、洗濯に対する概念を大きく変え、まったく新たな価値を提供すると確信している」

(アクアジャパンの吉田庸樹代表)

洗濯機は、ハードとソフトの組み合わせで進化している

 アクアが、9月16日から発売した全自動洗濯機「Prette」(プレッテ)シリーズ。洗濯機本体に、超音波洗浄機能“らくらくSONIC”を搭載することで、襟や袖の皮脂汚れや、食べこぼしといった食品汚れなど、通常の洗濯ではなかなか落ちない「部分洗い」を簡単に行えるのが特徴だ。

 アクアジャパンの吉田庸樹代表は、こう語る。

吉田 「洗濯は我々の生活から切り離せないものであり、多くの企業がイノベーションに取り組んできた。洗剤メーカー各社は、洗浄力、洗い上がりの進化を目指し、日夜、新製品を開発している。そして、洗濯機メーカーは、洗濯のスピード、省エネ、衣類が痛まない洗い方など、必死になって、差別化を模索している。洗濯は、ハードとソフトの企業の組み合わせによって、イノベーションが起こっている」

 だが、その一方で次のように指摘する。

吉田 「しかし、襟や袖の部分汚れに対しては、技術的なブレイクスルーが未解決のままである。そのため、依然として手荒い、もみ洗い、ブラシ擦りといった、いわば『原始的』な方法で対応しているのが現状である。これが洗濯における『部分洗い問題』を生んでいる」

 同社の調査によると、洗濯機による部分汚れの洗浄力に対する満足度は低くく、部分汚れを落とすために、予洗いをしているという人は79%にも達しているという。また、部分洗いは「手間がかかって面倒」という人が55%、「なかなか落ちない」という人が51%となり、加えて、「部分洗いをすると衣類が痛む」といった不満の声も多くあがっている。

 「部分汚れは、通常の洗濯だけでは落ちないというのは常識であり、むしろ諦めにさえつながっている」とも指摘する。

 こうした「諦め」とさえいわれる、洗濯機における最大の課題を解決したのが、Pretteシリーズに搭載した超音波洗浄機能のらくらくSONICというわけだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ