このページの本文へ

発熱者の検知、管理者負荷軽減を実現!サーマルカメラ用ポータルサイト「Thermal Camera Hub」の提供を開始

2020年09月15日 10時00分更新

文● フューチャースタンダード

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フューチャースタンダード
映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、サーマルカメラ用ポータルサイト「Thermal Camera Hub」の提供を開始しましたのでお知らせします。



■ 「Thermal Camera Hub」提供内容
映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を活用し、サーマルカメラのログデータを一括で管理できるポータルサイトです。ユーザごとに払い出されたID/PWをもとにポータルサイトへログインし、サーマルカメラの検知ログを一覧で確認することができ、カメラごとのソートも可能です。
これにより、発熱検知をされた来場者のスナップショットの確認やカメラごとの検知数の閲覧など、管理者の負荷軽減を図ることができます。顔認証機能による人物ごとの管理など、今後も機能の拡張を予定しています。


ポータルサイトイメージ トップページ画像
発熱者発生時のログ画像
■ サービス利用料金
弊社サーマルカメラサービス(NW接続有)を利用する場合無料で利用いただけます。

■ 対象サービス
・サーマルカメラSCORER連携サービス
・AI検温パスポート(NWモデル)

■ 株式会社フューチャースタンダードについて
株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」します。

代表取締役社長:鳥海 哲史
所在地:〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目6-3 湯島一丁目ビル 2階
設立:2014年3月
事業内容:映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
SCORERを利用したシステム開発
URL:https://futurestandard.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
mail:pr@futurestandard.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン