このページの本文へ

アルミ&グラスのスタイリッシュデザイン

JAPANNEXT、FreeSync対応の55型4K曲面モニター「JN-VC555UHD」

2020年09月11日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

55型曲面ワイド液晶モニター「JN-VC555UHD」

 JAPANNEXTは9月11日、55型曲面ワイド液晶モニター「JN-VC555UHD」の販売を開始した。価格は10万970円で、9月30日までの期間、発売記念特価の8万9970円となる。

 JN-VC555UHDは、4K(3840×2160ドット)解像度、16:9の曲面スクリーンを採用。曲面モニターは焦点距離が均一化されているため、フラットな大型モニターよりも画面端が見やすく、ゲームや映画などで臨場感ある視覚体験を楽しめるとしている。画数ピッチ(画素と画素の距離)をおよそ0.31mmまでに縮めることで、55型モニターでも80PPIという高画数密度を実現したとする。

フラットな大型モニターよりも画面端が見やすいという

画数ピッチはおよそ0.31mm

 本体にはアルミ製フレームと液晶パネルを守るグラス製フロントパネルを採用。ELED採用で最薄部は1.6cmの薄さを実現したとする。

 HDRに対応し、従来のSDR規格と比べ、明るい部分も暗い部分もくっきり表現しリアルに迫った深みのある映像を演出するという。HDMI 2.0、HDCP 2.2対応で4K配信コンテンツの再生に対応。また、10bitカラー(およそ10.7億色)表示に対応する。SVAパネルを搭載し、視野角は上下左右178度としている。

 ゲーム向け機能として、フレームの低下を軽減するという「AMD FreeSyncテクノロジー」に対応。FreeSyncからG-Syncへの互換性も備える(一部の機種を除く)。また、3つのゲーム向け表示モードを搭載し、暗いまたは明るい場所に隠れた敵を見分けやすくするという。

 その他、フリッカー軽減、ブルーライト低減機能、マルチウィンドウ機能、MHL3.0接続などを搭載する。

 インターフェースはHDMI 2.0、HDMI 1.4×2、DisplayPort 1.2(Thunderbolt対応)、VGA、オーディオ入力、オーディオ出力を搭載。また、6W×2のステレオスピーカーを備える。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン