このページの本文へ

JCV、中西金属工業株式会社にAI温度検知システム導入

2020年09月10日 10時00分更新

文● 日本コンピュータビジョン株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本コンピュータビジョン株式会社
~Withコロナ社会における安心安全な職場環境づくり、従業員の健康管理に貢献~

ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)はAI温度検知システム「SenseThunder(センスサンダー)」を、中西金属工業株式会社(本社:大阪府大阪市、以下「NKC」)に納入しました。感染リスクの最小化、Withコロナ社会における従業員の健康管理強化を目的に、本システムが活用されます。


本社裏門受付に設置、お客さまご来社時に推定体温確認を実施 (正門受付は守衛にて推定体温確認を実施しており、人員の配置を行っていない裏門に設置しております。)


社内フィットネスジムに設置、従業員の推定体温確認を実施
「SenseThunder」は、AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線カメラにより、マスクや眼鏡を着用したままでも、僅か0.5秒でスピーディーに発熱の疑い(一定以上の高い温度)を検知します。
NKCでは、本社に来社されるお客さま、社内フィットネスジムで従業員の体調確認※の為に本システムが利用されています。

お客さまご来社時に本システムを利用する事で、お客さまと従業員のソーシャルディスタンスを保ちながら、温度検知ができ、接触による感染、オフィス内へのウィルス持ち込み防止を期待できます。
また、実施済みの衛生対策と合わせて本システムを活用することで、目に見えない安心感を可視化し、衛生対策を更に強化することにも繋がります。

NKCは、既に実施している感染症対策に、本システムの活用を追加する事で、より安心安全に従業員がワークできる環境づくりの整備を進めると共に、社会へ貢献するための技術・製品・サービスを提供して参ります。

JCVは、日本社会を安全で元気な姿に戻す為の支援として、「SenseThunder」の納入を通し、さまざまな場所での安心安全な環境の整備に貢献して参ります。

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」 導入システム:SenseThunder-Mini
https://www.japancv.co.jp/solutions/thermography/
・対象と1.2メートル離れた距離でも、所要時間0.5秒で温度検知を行い、±0.4度の精度で可能。
・独自のアルゴリズムにより、マスクを着用したままでも高精度かつ高速な温度検知が可能。

※医療品医療機器法(薬機法)の定める体温計ではないため、医療診察では利用できません。

■中西金属工業(NKC)について
中西金属工業は自動車関連やさまざまな産業用機械、電気製品の心臓部として活躍しているベアリング・リテーナーをはじめ、自動車の各種生産ラインに対応するコンベアシステムを中心に、お掃除ロボットやペット向け家具など新規事業にも挑戦している会社です。
NKCは、これからも、これまで培った経験と実績、持てる力をすべて結集し、より豊かで持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
https://www.nkc-j.co.jp

■ 日本コンピュータビジョン (JCV)について
日本コンピュータビジョン株式会社(JCV:Japan Computer Vision Corp.)は、ソフトバンク株式会社の子会社で、AI技術を活用し、スマートビルディング分野やスマートリテール分野に対し最先端の顔認証ソリューションを提供するビジョナリーカンパニーです。
JCVは、最先端の技術に、日本国内で求められる個人情報保護や高水準のセキュリティを加え、人々が幸せに暮らせる、より効率的で便利な新しい世界の出発点となるようなプロダクトを生み出していきます。
https://www.japancv.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン