このページの本文へ

新型コロナウィルスに対して紫外線を0秒、5秒、15秒、30秒照射の不活化データを発表

2020年09月09日 19時00分更新

文● 株式会社ファームロイド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社ファームロイド
照射距離30cmから0秒、5秒、15秒、30秒照射による詳細な不活化データを発表

令和2年9月4日、板橋区、日本大学医学部、理化学研究所、株式会社ファームロイドにより進められてきた紫外線ロボット「UVBuster(UVバスター)」に搭載の紫外線ランプよる新型コロナウイルス不活化に対する実証実験を行い、短時間での不活化が証明されたので、ご報告いたします。


1.概要
 令和2年9月4日に行われた本研究では、紫外線ロボット「UVバスター」に搭載されている紫外線ランプ(253.7nm)による照射距離30cmから0秒、5秒、15秒、30秒照射による新型コロナウィルスの不活化メカニズムが明らかになりました。
 これは、同年5月26日に行われた前回の不活化実験をより精密に研究したことになります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000058662.html


2.背景




3.解決すべき課題




4.本研究について
1)研究目的
自律走行型ロボットで紫外線照射する条件を想定した有効性の実証

2)本研究の担当者
・間陽子  日本大学医学部 血液膠原病内科学分野 上席客員研究員/理化学研究所 科技ハブ産連本部
・飯村一樹 株式会社ファームロイド 代表取締役/日本大学医学部 血液膠原病内科学分野 客員研究員
・松浦遼介 日本大学医学部 血液膠原病内科学分野 研究員/理化学研究所 客員研究員
・Lo chieh-wen 日本大学医学部 血液膠原病内科学分野 研究員/東京大学大学院農学国際博士課程


3)試験条件
 BSL-3施設内の安全キャビネット内において、シャーレ上の湿潤な環境において新型コロナウィルス(SARS-CoV2-2)を253.7nmの紫外線ランプで所定の照度により、照射距離30cmから0秒、5秒、15秒、30秒と照射しました。実験に使うランプは安全キャビネットサイズの制約により、長さ約40cmのUV-Cサブランプ(UVバスターの車体下に搭載)を使用しました。




4)試験結果
4.87秒照射で、ウィルス力価は10分の1に減少
15.0秒照射で、ウィルス力価は1,000分の1に減少
22.6秒照射で、ウィルスが検出下限値まで不活性、ウィルス力価は50,000分の1に減少





5.本研究の成果
 UVバスター車体上に搭載されるメインランプ(長さ約110cm)は車体下に搭載されるサブランプよりも照度が2.34倍高く、それを換算すると、
2.08秒照射で、ウィルス力価は10分の1に減少
6.41秒照射で、ウィルス力価は1,000分の1に減少
9.65秒照射で、ウィルスが検出下限値まで不活性、ウィルス力価は50,000分の1に減少
となりました。
 これはUVバスターが時速0.5~1.0km/hで走行しながら紫外線を壁面や机上に照射すると、新型コロナウィルスが検出できないまでに不活化することになります。

(参考)


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン