このページの本文へ

OKI、画面に触れることなく操作できる「ハイジニック タッチパネル」

2020年09月09日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 沖電気工業(OKI)は9月9日、画面に触れることなくタッチパネルを操作できる「ハイジニック タッチパネル」を開発したと発表した。

 同社のセンシング技術を活用し、従来、画面に指を触れていたタッチパネル操作を非接触で行なえるようにしたもの。端末の操作画面に実装した特殊なタッチセンサーにより、利用者は画面の数cm上に指をかざすことで操作できる。利用者が誤って画面に触ってしまった場合への対策として、操作画面に抗菌フィルムを貼り付けることも可能。

 日本航空(JAL)では、8月24日から9月15日まで羽田空港において、ハイジニック タッチパネルを搭載した自動チェックイン機の試行を実施。 沖電気工業では適用分野のさらなる拡大に向け、ATMへの搭載を各金融機関に提案する。また、流通・小売・飲食業界や医療業界など、セルフサービス端末を導入する様々な業界・分野でのウィズコロナ時代に適応した安心・安全なサービスを実現するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン