このページの本文へ

電子ペーパーの上をいく「NEXTPAPERディスプレー」 も登場したIFA2020の中国スマホメーカー

2020年09月09日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月3~5日までオンラインとリアルイベントの両方で開催されたIFA2020では中国メーカーを中心にスマートフォンやタブレットなどの新製品が発表されたので、ひとつひとつ見ていこう。

TCLブランドのタブレットや
フレキシブルディスプレースマホのコンセプトを発表

 TCLは2つのタブレット新製品を発表した。どちらも自社開発した「NEXTPAPERディスプレー」を搭載している。NEXTPAPERディスプレーは液晶技術を利用した反射型のディスプレーで、バックライトを必要としない。電子ペーパーと比べるとコントラストは25%高く、液晶よりも36%薄く、消費電力も65%減となるという。どちらの製品も教育や子供向け用途も狙っており、有害コンテンツへのアクセスを防ぐといったキッズモードが搭載される。発売は2020年第4四半期を予定。

 TCL 10 TABMAXは10.36型(2000×1200ドット)NEXTPAPERディスプレーを搭載。CPUは非公開のオクタコア2.0GHz、メモリー4GB+ストレージ64GB。カメラは1300万画素+フロント800万画素。バッテリーは8000mAhで本体サイズは約247.8×157.56×7.65mm。専用のスタイラスペン(本体収納不可)が付属し、手書き入力にも対応する。LTE版は299ユーロ(約3万8000円)、Wi-Fi版は249ユーロ(約3万1000円)の予定だ。

スタイラスペンが利用できる「TCL 10 TABMAX」

 TCL 10 TABMIDは8型(1920×1000ドット)NEXTPAPERディスプレーを搭載。SoCはSnapdragon 665、メモリー3GBまたは4GB、ストレージ32GBまたは64GB。カメラは800万画素+フロント500万画素。バッテリーは5500mAhで本体サイズは209.4x125.2x8.55mm。スタイラスペンは付属しない。LTE版の価格は未定、Wi-Fi版は229ユーロ(約2万9000円)。

8型ディスプレーの小型モデル「TCL 10 TABMID」

年配者向けの4Gスマートウォッチ
「MOVETIME Family Watch MT43A」

 スクエアなフェースに4G通信機能を搭載した「MOVETIME Family Watch MT43A」はターゲットを年配者にしたスマートウォッチ。心拍センサーやモーションセンサーを備えたアクティビティートラッカー機能を備える。年配者が腕に装着しておけば、転倒時にはモーションセンサーがそれを感知し気球連絡先への自動通報を行う。また心拍数が異常値の時は警告もしてくれる。ディスプレーサイズは41x48.5mm、IP67の防水防塵に対応。価格は229ユーロ(約2万9000円)の予定だ。

MOVETIME Family Watch MT43A

ノイズキャンセリング搭載で1万円台!
ワイヤレスヘッドフォン「MOVE AUDIO S200」

 ホワイト、ブラックとブルーを加えた3つのカラバリが楽しい「MOVE AUDIO S200」は99ユーロ(約1万2000円)という低価格ながら、ノイズキャンセリング(ENC)に対応したワイヤレスタイプのヘッドフォン。マイクも搭載しスマートフォンなどの通話用途にも利用できる。本体はIP54の防水防塵に対応、バッテリーは3.5時間の連続再生が可能で、付属のケースで充電することで最大23時間の利用ができる。Androidスマートフォンとのペアリングが簡単にできる「Google Fast Pair 2.0」にも対応する。

MOVE AUDIO S200

HonorはノートPCとスマートウォッチを複数発表

 HonorはノートPCを3モデル発表した。「MagicBook Pro 2020」は第3世代Ryzen 4000シリーズを搭載するスリムデザインの16.1型のノートPC。狭ベゼル化で15.6型のフットプリントサイズを実現。AMD Ryzen 5 4600Hにメモリー16GB(DDR4)とストレージ512GB(NVMe)を搭載、指紋認証センサーを備え、キーボード最上段中央にプッシュ式のポップアップカメラを搭載する。バッテリーは56Whで11時間の使用が可能、付属の65W急速充電器を使用すると30分で50%の容量の充電が可能だ。9月7日から899.99ユーロ(約11万3000円)で発売予定。

16.1型のスリムなノートPC、MagicBook Pro

 円形ディスプレーの「Honor Watch GS Pro」は最長25日間利用できるスマートウォッチ。MIL-STD-810Gの14項目の耐久テストをクリアしタフな環境でも利用できる。スマートフォンとの接続が切れても移動した場所をもとに戻るナビゲーション機能も備え、山岳での緊急事態にも対応できる。ディスプレーサイズは1.39型(454×454ドット)。9月7日から249ユーロ(約3万1000円)で販売される。

Honor Watch GS Pro

 「Honor Watch ES」はリストバンド型のアクティビティートラッカー。ファッション性を意識したスリムなデザインを特徴とする。ディスプレーサイズは1.64型456x280ドット。本体重量は21gと軽量。95のワークアウトプログラムを内蔵し自宅などでの運動をサポートする。9月21日から99ユーロ(約1万2000円)で発売予定だ。

Honor Watch ES

Realmeは年内投入のスマートウォッチと
ワイヤレスヘッドフォンを発表

 Realmeのプレスカンファレンスでは年内に発売予定となる3つのウェアラブルデバイスの紹介が行なわれた。「Realme Watch S Pro」は円形ベゼルのスマートウォッチ。「Realme Buds Air Pro」はノイズキャンセリングを搭載した分離型の小型ヘッドセットだ。どちらも2020年第4四半期にヨーロッパで発売となるが、価格や詳細スペックはまだ未定である。

Realmeがアナウンスをした「Realme Watch S Pro」と「Realme Buds Air Pro」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン