このページの本文へ

SaaS データのパイプラインツール『CData Sync v20』リリース

2020年09月08日 11時00分更新

文● CData

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CData
~データソースを100 以上拡充、S3 やBox 内のExcel、CSV の直接取得、CData Sync Starter の無償化など多数のアップデート~

2020年9月8日、CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、SaaS データをノーコードでDWH・DB に統合するデータパイプラインツール「CData Sync」のv20 版をリリースしました。CData Sync v20 では、国内外の100を超えるSaaS が新たにデータソースとして利用可能になったほか、Azure Marketplace 版の追加、Starter License 無償化など使い勝手が大きく向上しました。




CData Sync は、Salesforce、Dynamics 365、NetSuite、kintone、Marketo といったSaaS データを各種RDB やBigQuery、Redshift、Snowflake などのクラウドDWH にノーコードでローディングするデータ統合基盤です。

■ 接続可能なSaaS が100 種類以上増加
Salesforce Pardot、Asana、MS Teams、Confluence、Airtable、Presto、Azure Data Lake、Google Data Catalog などの接続先を追加。加えて、事前定義されたAPI Profiles を組み込むことで100 以上のSaaS データをSQL で読み込めるAPI Driver がCData Sync 上で利用可能になり、Bcart、Hot Profile、Pipedrive、Jumpseller、Laddesk、Senses、Zoom、Zaiko などがSync で利用可能に。
CData Sync 標準データソース:https://www.cdata.com/jp/sync/connections/
API Profile での追加接続先:https://www.cdata.com/jp/apidriver/#profiles


■ S3、Google Drive、Box などのクラウドストレージのExcel、CSV を直接取得可能に
S3、Google Drive、Box、SharePoint、Dropbox などのクラウドストレージ上に保管されているExcel ファイルやCSV ファイルをいちいち分析環境にダウンロードする必要はありません。CData Sync はこれらのストレージから直接ファイル内のデータを取得し、同期先DB にデータを書き込めるようになりました。複数のCSV ファイルを一つのテーブルとして同期することも可能です。


■ CData Sync Starter が無償化
MySQL、PostgreSQL などのオープンソースDB や、Airtable、CSV、Excel、Google Sheets、Shopify、SendGrid、SurveyMonkey、Zoho CRM などのデータソースが利用できるCData Sync Starter ライセンスが無償化されました。2 Connection までレコード数制限なしで利用できます。
Starter データソース一覧(Starter をクリック):
https://www.cdata.com/jp/sync/connections/


■ Public Cloud 版のライセンス指定が可能に
従来のAWS AMI 版に加え、Azure Marketplace 版をリリース。これらのPublic Cloud 版では、CData Sync の課金がクラウドVM 課金に統合され、マシンを稼働させている時間だけの従量課金でCData Sync を利用可能になります。
もちろん、すでにライセンスを購入されている方はPublic Cloud 版にBYOL(Bring Your Own License)することもできます。
Azure Marketplace 版:
https://azuremarketplace.microsoft.com/en-us/marketplace/apps/cdatasoftware.cdatasync



■ その他機能追加


ステータス画面の追加:ジョブ全体の実行情報がサマリーとチャートで確認可能に
ReplicateEndDate などジョブに設定できるオプションが追加
ステータステーブルの保存先を指定可能に
ログ高度化:レプリケート全体、データソース側、同期先側の3種類での取得が可能に


<CData Software について:https://www.cdata.com/jp/
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
E-mail: press@cdata.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン