このページの本文へ

ITスタートアップのエンジニア不足を解決する「スタートアップ開発支援サービス」を9月4日に開始します。なぜ「エンジニア不足」が発生するのかを詳細に説明したE-Book配布中!

2020年09月04日 16時42分更新

文● カスタマーグロース合同会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カスタマーグロース合同会社
ITスタートアップのエンジニア不足を解決する「スタートアップ開発支援サービス」を9月4日に開始します。

ITスタートアップのエンジニア不足を解決する「スタートアップ開発支援サービス」を9月4日に開始します。 スタートアップでは特に「エンジニア不足」がよく話題に上がりますが、なぜ「エンジニア不足」が起こるのか、無料E-Bookで詳しく説明しています。 弊社ソリューションでは「エンジニア不足」という課題に向き合い、最適なソリューションをお客様に提供します。



カスタマーグロース合同会社は、スタートアップのエンジニア不足を解決する「スタートアップ開発支援サービス」を9月4日に開始します。
詳細ページ:https://customergrowth.co.jp/cloud/index.html

スタートアップでは特に「エンジニア不足」がよく話題に上がりますが、なぜ「エンジニア不足」が起こるのか、無料E-Bookで詳しく説明しています。
ダウンロードページ:https://share.hsforms.com/1UlFCZQHhS6GgnoKzgrJb7Q4zpzr

■サービス立ち上げの背景
ITスタートアップで一番のリスクとなるのは「開発に失敗すること」です。
特に初期フェイズではCTOが不在な状態なまま、受託開発企業にMVP開発を依頼することが多いですが、
それには、以下のような問題を孕んでいます。
・仕様変更した際に別途料金が掛かる
・外注先を変更することができず、一種のベンダーロックインが発生する
自社でエンジニアを雇用した場合にも、以下のような問題が発生します。
・CEOがエンジニアでないと「一人目」のエンジニアの能力が面談ではわからない。そのため、人柄など、開発とは関係ない文脈でエンジニア採用をしてしまいがち
・「一人目」のエンジニアの能力にシステムの品質が依存してしまう。
・スマホアプリ開発など、事業がスケールした際は、都度エンジニアを雇用しなければならない。
・「スタートアップ企業が採用したいエンジニア」と「一般的なエンジニア」のレベルには相違があり、企業当初から優秀なエンジニアを採用するのは非常に困難

上記のようなITスタートアップ綺語が抱える様々な課題を解決するため、「スタートアップ開発支援サービス」を開始しました。
無料E-Bookで詳しく説明していますので、ぜひごご覧ください。
ダウンロードページ:https://share.hsforms.com/1UlFCZQHhS6GgnoKzgrJb7Q4zpzr

■他社サービスとの違い
・プログラミング経験豊富なプロマネが開発管理をすることにより、ローコストかつシステム開発に失敗するリスクを減少させます。
・受託開発などと違い、システムやスケジュールのハンドルを予算を通して握ることができます。MVPを回した結果、「システムを利用しなくなった」や「全く違うシステムが必要になった」など、スタートアップではよくあることでも、社内エンジニアだとモチベーションの低下などの問題があります。
「スタートアップ開発支援サービス」ではそのような社内マネジメントにコストを掛けずして、ビジネスのハンドルのみを考えて、事業に合わせたシステム開発を推進できます。

【カスタマーグロース合同会社の概要】
■名称:カスタマーグロース合同会社
■所在地:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-6-11
■代表 :福田彩和佳
■電話番号 ::0120-659-646
■事業内容:スタートアップ開発支援、クラウド会計導入、管理会計コンサルティング、内部統制整備、記帳代行、税務申告、マーケティングオートメーションツールのホスティングサービス
■本プレスリリースのサービス提供ページ :https://customergrowth.co.jp/cloud/index.html
■HP :https://customergrowth.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン