このページの本文へ

スマホごとに保存フォルダーを生成するため家族間で共有できる

オウルテック、スマホ/タブレットの充電とバックアップが同時にできるUSBアダプター

2020年09月04日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開

 オウルテックは9月4日、データバックアップ機能付きのUSBアダプター「BoxCube」を発売した。直販サイト「オウルテックダイレクト」をはじめ、全国の量販店などで販売する。予定価格は5980円前後。

 BoxCubeは、スマホやタブレット内にあるデータを自動的にバックアップする機能を備えるUSBアダプター。アップルのアクセサリー認証プログラムであるMFiを取得しているため、iPhoneやiPadなどでも使用可能だ。

スマホとUSB充電器との間に接続すれば、充電と同時にデータをバックアップする

 本体正面にはUSB Type-A(メス)×2ポート、背面にはUSB Type-A(オス)×1とmicroSDカードスロットを装備。手持ちの充電器とスマホとの間に「BoxCube」を接続すれば、充電をしながらデータのバックアップもできる。

 データのバックアップ先は、microSDカード(別売り)、もしくはUSB Type-A(メス)に接続したUSBメモリーから選択できる。容量はmicroSDカードが最大2TB、USBメモリーが最大8TBまで対応する。

 バックアップに対応するデータは、写真、動画はもちろん、音楽や連絡先(保存はVCF形式)。スマホごとに保存フォルダーを自動生成する機能も搭載し、複数のスマホやタブレットのデータを保存可能だ。ユーザー間でデータが混ざる心配がないため、カップルや家族間などで共用できる。

 そのほか、BoxCubeにバックアップしたデータをスマホやタブレットに書き戻す復元操作も可能なので、万が一の場合も安心とのこと。

 充電器は1A出力以上のものに対応する。充電出力は、iOSが2.4A(iOS 12以降)、Androidが1A。専用アプリの対応OSは、iOS 8.x以上/Android 5.x以上。パソコンの対応OSはWindows 7以上、MacOS 10.6以上。本体サイズ(USB端子含まず)/重さは、およそ幅35.5×奥行き36×高さ24mm/およそ20g。

 対応機種はAndroid各種端末のほか、iPhoneとiPadは以下のとおり。

iPhone
 iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max/iPhone 11/iPhone XR/iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone SE/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone 5s

iPad
 iPad(第6世代)/iPad(第5世代)/iPad Air(第3世代)/iPad Air 2/iPad Air/iPad mini(第5世代)/iPad mini 4/iPad Pro(12.9インチ 第3世代)/iPad Pro(11インチ)/iPad Pro(12.9インチ第2世代)/iPad Pro(10.5インチ)/iPad Pro(12.9インチ)/iPad Pro(9.7インチ)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン