前へ 1 2 次へ

MSI、ビジネスノート「Summit」などTiger Lake搭載の新モデル

文●貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Prestageがハイパフォーマンス、Modernはよりベーシックなニーズに応えるモデル。ビジネス向けノートPCのシリーズとして展開される

既存シリーズもTiger Lakeを搭載

 併せて、同社が展開しているクリエイター向けノートPC「Prestige」とビジネス向けPC「Modern」もTiger Lakeを搭載し、デザインを刷新し、ビジネス向けノートPCのシリーズとして扱われることが明かされた。

 Prestigeがハイパフォーマンスのシリーズ、Modernはよりベーシックなニーズに応えるモデルとして展開される。

 位置付けとしてはSummit Eが最上位モデルで、NVIDIAの「Max-Q Design」に準拠したモデルを用意、Summit Bが続き、SummitシリーズはいずれもTPM 2.0準拠のセキュリティーチップを搭載する。PrestigeはGeForceを搭載し、TPM 2.0のチップは非搭載。Modernはさらに指紋認証機能などを省いたモデルとなる。

 各モデルの詳細なスペックや価格、正式な発売日は、追って掲載する。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月