前へ 1 2 次へ

MSI、ビジネスノート「Summit」などTiger Lake搭載の新モデル

文●貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MSIは「Summit B14」など複数のビジネスノートPCの新モデルを発表

MSIがTiger Lake搭載のビジネスノートPC

プロセスルール10nmの第11世代インテルCoreプロセッサー(Tiger Lakeマイクロアーキテクチャー)を搭載

 MSIは日本時間の9月4日0時、「Summit B14」など複数のビジネスノートPCの新モデルを発表した。

 いずれも、プロセスルール10nmの第11世代インテルCoreプロセッサー(Tiger Lakeマイクロアーキテクチャー)を搭載している。

頂点を意味する「Summit」シリーズ

Summitシリーズ

 「Summit」は、ビジネス向けノートPCのフラグシップシリーズとして展開。今回発表された新モデルは、Tiger Lakeと合わせてNVIDIAのGPUであるGeForceシリーズをディスクリートで搭載するモデルを含める14型ノートPC「Summit E14」と15型ノートPC「Summit E15」、10時間以上の駆動が可能というバッテリー性能が特徴の14型ノートPC「Summit B14」と15型ノートPC「Summit B15」、ディスプレーが360度回転するコンバーチブルタイプの13型2 in 1ノートPC「Summit E13 Flip」だ。

オンラインで発表会を開催した

 シリーズ名である「Summit」には「選ばれた精鋭」や「頂点」という意味を持たせているという。筐体はアルミで、MSI独自というブラックメタリックに仕上げている。

直線を基調にした新ロゴを採用している

 また、トップカバーのロゴも従来の同社のビジネスノートPCに採用されていたドラゴンの紋章から、「MSI」をロゴ化した新デザインに変更。直線で構成され、MSIの革新性をモチーフにしている。質実剛健なイメージと、よりビジネスの現場に溶け込みやすいとスタイリッシュさをデザインに込めた。

 Tiger Lakeの搭載により、内蔵GPU(Intel Iris Xe Graphics)の処理性能も向上。GPUをディスクリートで搭載しないモデルに関しても、Intel UHD Graphicsと比較して、およそ3倍程度に処理性能が高まっているという。

TPM 2.0に準拠したセキュリティーチップを搭載

 指紋認証リーダーによるWindows Hello(生体認証)、ウェブカメラのオン/オフをLEDランプでユーザーに知らせる機能など、ビジネス向けの仕様を充実させている。さらにTPM 2.0に準拠したセキュリティーチップを搭載。BIOSセキュリティーメニューを搭載し、専用のシステム「CLICK BIOS」から、OS起動前の段階でパスワードをかけることが可能。これにより、悪意を持ってPC内を見ようとしても、OSが起動できず、データが参照できない。

アルミボディーに、ブラックメタリック仕上げを施した

Thunderbolt 4端子を搭載する

 このほか、Wi-Fi 6に対応し、Thunderbolt 4端子を搭載するなど、最新の仕様を盛り込む。いずれも、10月中旬にも国内で発売する予定。Summit E13 Flipのみ、2020年末の発売予定だ。

Summit E13 Flipのみ、2020年末の発売予定

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月