このページの本文へ

3つのAIエンジンで文字起こしを行う「AI文字起こし」サービスを9月1日より提供開始

2020年09月01日 13時00分更新

文● 株式会社東京アーカイブセンター

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社東京アーカイブセンター
株式会社東京アーカイブセンター(本社:東京都豊島区、代表取締役:吉田 隆、以下東京アーカイブセンター)はGoogle Cloud、Microsoft Azure、Ami Voice Cloud PlatformのAIを活用した3種類の音声認識ソフトウェアにより音声をテキスト化する「AI文字起こし」サービスを2020年9月1日より提供開始します。


AI文字起こし画面01

「AI文字起こし」<https://ai-ninshiki.jp/>は録音した音声をAIを活用した音声認識ソフトウェアによりテキスト化するサービスで、以下3種類のソフトウェアを手軽な操作ですぐに利用することが可能です。
・Google Cloud Speech-to-Text
・Microsoft Azure Speech to Text
・AmiVoice Cloud Platform(株式会社アドバンスト・メディア)

AI文字起こし画面02


本サービスの特長は以下のとおりです。
1.通常の文字起こしサービスと比べ、非常に短納期(依頼する音声時間と同程度の時間)で文字起こしテキストを入手することが可能です。
2.有力な3種類のソフトウェアすべてで、音声の冒頭60秒間の文字起こしを無料で行います。冒頭60秒間の文字起こしテキストを確認の上、求める精度に近いソフトウェアを選択してテキスト化を依頼することが可能です。
3.3種類の音声認識ソフトウェアすべてにおいてログをサーバー上に保存せず、また当社サーバー上では利用者さまの結果確認のため31日間情報を保持した後に完全に消去することで、音声およびテキスト原稿のセキュリティを担保します。
4.webブラウザ上からどなたでもかんたんに利用することが可能です。音声をドラッグアンドドロップで登録し、電子メールアドレスを登録の上カード決済を行うだけで依頼が完了します。テキスト化完了後、登録メールアドレス宛に通知されるURLをクリックし、認証パスワードを設定することでセキュアな状態で文字起こしテキストを確認することが可能です。

短納期で文字起こし原稿を入手したいという世の中のニーズに答えるため、東京アーカイブセンターは2018年7月よりAIを活用した文字起こしサービスをベータ版として提供し、約15,000件の音声のテキスト化を行ってまいりました。

今後も誰もが安心して使える利便性の高いサービスをIT技術を活用して提供し、社会の皆さまへ先端技術の恩恵が届くよう活動を続けてまいります。

◆会社概要
企業名:株式会社東京アーカイブセンター
代表者:代表取締役 吉田 隆
本社:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15
設立 :2015年2月

◆本件に関する報道関係のお問い合わせ
株式会社東京アーカイブセンター
TEL:03-5956-5212 担当:田辺
Email:office@tokyo-archive.co.jp

※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。
※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様、その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン