このページの本文へ

日本初の“家事を仕事にする”資格制度「家事クリエイター」、秋季講座をオンラインで開講

2020年09月01日 08時00分更新

文● 株式会社タスカジ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社タスカジ
アクセス・問い合わせともに前月比約3倍!家政夫さんドラマで注目度急上昇『家事の資格』

シェアリングエコノミーの家事代行マッチングサービス「タスカジ」を運営する、株式会社タスカジ(本社:東京都港区、代表取締役:和田幸子、以下タスカジ)は、「家事を仕事にする」日本初の新しい資格制度「家事クリエイター( https://kaji-creator.taskaji.jp/ )」の秋季講座をオンラインで開講いたします。



近年はドラマやバラエティ番組、SNSなどで「家事代行」「家事テク」など家事に関するテーマが人気となり、特に今年は外出自粛をきっかけに、家事や家の中(イエナカ)への関心が高まっていることも当社のユーザー調査でわかりました(*1)。「家事」に対して意識が高まっている中、難易度の高い資格を多数保有する家政夫さんが登場するドラマをきっかけに「家事の資格」の注目度が急激に増しています。この8月、「家事クリエイター」のアクセスは7月の約3倍に伸び、問い合わせ数も2.9倍に伸びています。日常的に行っている家事スキルを資格として見える化し、自身のアピールポイントやキャリア形成の一つとして活用いただきたいと考えています。

(*1)2020年5月タスカジ『新型コロナの影響をきっかけとした、「イエナカ時間・家事の状況」についての実態調査』https://corp.taskaji.jp/news/2020/05/01/survey2/


「家事クリエイター」は、家事を仕事にするを目的としており、専業主婦(夫)の期間がブランクとして扱われる課題と、共働き家庭の家事の担い手不足という両方の課題解決を目指しています。家事力を仕事に直結するために必要とするコミュニケーションの要素入る構成で、家事スキルのみをはかる従来の検定とは異なる新しい切り口で、日本初の試みとして実施しています。掃除や料理作り置きのスキルのほか、限られた時間内に依頼者のニーズをいかに叶えるかの交渉ポイントなど、コミュニケーションにも注力した内容で、資格取得後、即時に家事の仕事を開始することができる「自身における即戦力を養成する」が特長です。

また、コロナ禍においてもスムーズに資格取得ができるよう、完全オンラインでの開催を行っております。関東・関西など首都圏の方だけでなく、日本全国や世界各国からも受講が可能です。




タスカジのサービスについてhttps://taskaji.jp
多彩な家事スキルを活かして働くハウスキーパー(タスカジさん)と、家事をお願いしたい人とをつなぐ、シェアリングエコノミーの家事代行マッチングサービスです。2014年のサービスリリース以来、「核家族から拡大家族へ、新しい家族の形を再定義する」というビジョンを掲げ、一貫して家庭のあらゆる家事の課題解決をサポートしてきました。「家事代行は高価、家事は単純作業」という旧来型の家事意識の改革に挑戦し、「コミュニティ循環型サービス運営モデル」の先駆けとなり、14冊累計約45万部もの書籍出版・広報活動などを通じて家事はクリエイティブな仕事であると発信し続けています。利用者数約71,000名、登録タスカジさん数約2,300名(2020年8月現在)。日経DUAL家事代行サービス企業ランキング2017 1位、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018 働き方改革サポート賞。

株式会社タスカジについてhttp://corp.taskaji.jp
社 名: 株式会社タスカジ
設 立: 2013年11月6日
代表者: 代表取締役 和田幸子
所在地: 東京都港区芝2-26-1 iSmartビル301
事業内容: 家事代行マッチングサービス「タスカジ」の運営

------------------------------------------------------------

(別添:参考資料)
「家事クリエイター」について






(ご参考)
日本初!「家事を仕事にする」資格制度 「家事クリエイター」2019年11月よりスタート! ~見えない家事の力を見える化へ~
https://corp.taskaji.jp/release/2019/10/03/kaji-creator/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン