このページの本文へ

ストレス管理も可能な「Fitbit Sense」など、ヘルスケアスマートウォッチFitbitに新モデルが登場

2020年08月26日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Fitbit Sense」

 フィットビット・ジャパンは8月26日、新たなセンサーの搭載によりストレス管理が可能なスマートウォッチ「Fitbit Sense」などの新モデルを発表。9月10日先行予約を開始し、10月2日発売予定。

 Fitbit Senseは皮膚電気活動(EDA)センサーにより皮膚の発汗量の細かな電気量の変化を検出。デバイス上でEDAをクイックスキャンするか、Fitbitアプリのマインドフルネスのガイドセッションと合わせて、メディテーション(瞑想)中やリラックス中に身体がどのように反応をするかを確認することができる。スコアは 1から100で示される。また、心拍数トラッキング技術もマルチパス心拍センサーと新しいアルゴリズムを備えたPurePulse 2.0となり、24時間心拍数を継続的にトラッキングすることで、心房細動(AFib)という症状の兆候を見つけることができる。

 このほか、他のFitbitスマートウォッチに搭載されている主なヘルス&フィットネスとスマート機能が全て備わっており、内蔵GPS、20以上のオンデバイスエクササイズモード、SmartTrack自動アクティビティートラッキング、カーディオフィットネスレベルとスコア、高機能睡眠ツールを搭載。Amazon AlexaやGoogleアシスタントへの対応や非接触決済に対応。

 大型化したAMOLEDディスプレーは解像度が向上したほか、環境光センサーによる自動調光機能を備える。6日以上のバッテリー寿命を持つ。カラーバリエーションはカーボン・グラファイトステンレススチールとルナーホワイト、ソフトゴールドステンレススチール。価格は3万9990円。

「Fitbit Versa 3」

 また、同社で人気のスマートウォッチ「Fitbit Versa」には新機能を追加した「Fitbit Versa 3」も発売となる。強化されたPurePulse 2.0技術やActive Zone Minutesを備え、通話用の内蔵スピーカーとマイクを搭載して留守番電話機能や音量調整機能が利用可能。Amazon Alexa搭載に加えてGoogleアシスタントもオプションに追加された。カラーバリエーションとして、ブラック・ブラックアルミニウムとピンククレイ・ソフトゴールドアルミニウム、ミッドナイト・ソフトゴールドアルミニウムが用意され、価格は2万9990円。

「Fitbit Inspire 2」

 スリムモデル「Fitbit Inspire」も強化された新モデル「Fitbit Inspire 2」が発売となる。バッテリー動作時間を最大10日に延長、Active Zone Minutesなどのヘルス&フィットネス機能を追加されている。さらにFitbitシリーズと連携するサービス「Fitbit Premium」の無料1年間トライアルも提供。Fitbit Premiumでは各種ヘルスサポートやマインドフルネスコンテンツ、Fitbitアプリが利用でき、9月末にはオランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語、スウェーデン語でのサービスも開始する。カラーバリエーションはブラック、ルナーホワイト、デザートローズで、価格は2万1470円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ