このページの本文へ

非対面の配送連携を強化

ヤフオクとPayPayフリマで「ネコポス」送料を全国一律170円に

2020年08月24日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヤフーとヤマト運輸、個人間取引における非対面の配送連携を強化

 ヤフーとヤマト運輸は8月24日、「ヤフオク!」「PayPayフリマ」において、非対面配送の連携を強化し、9月1日から、両社が提供している全国一律の配送サービス「ヤフネコ!パック」の中で、ポスト投函型サービス「ネコポス」の送料を、個人間取引の中でネコポス最安の170円で提供すると発表した。

 さらに、利用者が荷物の置き場所を指定可能な「置き配」をはじめさまざまな受け取り方が選択できるEC向け配送商品「EAZY(イージー)」を、PayPayフリマに今秋導入する。また、一般のユーザーに向けた、無人の宅配便ロッカー「PUDOステーション」の設置希望アンケートを、ヤフネコ!パックのサイト上で同日より開始した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたEC需要の高まりの中、ネコポスの取扱量は、4月~7月までの累計で47.9%増加したという。荷物をポストに届けることで購入者とセールスドライバーの接触が避けられ、非対面での受け取りを希望するユーザーにも評価されたことが理由としている。

 また、3月にYahoo! JAPANとヤマト運輸が協力してウェブ上で実施したPUDOステーションでの受け取りを活用した発送キャンペーンを実施。ヤフネコ!パックの発送において、全国におよそ5500台設置しているPUDOステーション全体の利用率がおよそ2倍に増加したという。

 こうした背景を受け、Yahoo! JAPANとヤマト運輸は、個人間の取引において、ネコポス、EAZY、PUDOステーションの利用を通じて、非対面の配送連携を強化することに至ったとしている。

 9月1日から、ネコポスを出品者による送料負担の場合、従来の全国一律195円から、全国一律170円に変更。一般的なポストにそのまま投函可能なサイズ(A4サイズ、厚さ2.5cm、1kg以内)で非対面配送が可能。なお、送料を落札者負担に設定する場合も、210円(従来225円)に変更する。

 また、EC向け配送商品EAZYを、ヤフオク!、PayPayフリマに導入予定としている。まずは今秋、PayPayフリマが先行して導入し、その後ヤフオク!にも対応する予定。また、すでにYahoo! JAPANが運営するオンラインショッピングモール「PayPayモール」、「Yahoo!ショッピング」の一部のストアには導入を完了している。

 EAZYは、EC利用者の多様なニーズに徹底的に応えることを目指したヤマト運輸の新商品。ユーザーは通常の対面受け取り以外に、玄関ドア前、自宅宅配BOX、ガスメーターBOX、物置、車庫、自転車のかご、建物内受付/管理人預けなど、希望の場所や日時に合わせた非対面での商品受け取りが可能。クロネコメンバーズのユーザーは、コンビニエンスストアや宅配便ロッカーPUDOステーション、宅急便センターでの受け取りなども選択できる。

 また、配達員が配達する直前までウェブサイトで受取場所の変更が可能であり、急な用事やその時の天気などユーザーの都合に合わせて、受取場所を自由に変更できるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン