このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

「MX Master 3 for Mac」と「MX Keys for Mac」をレビュー

純正品しか使わなかった筆者が、ロジクールのmacOS向けマウスとキーボードを使ったら劇的に快適な環境が手に入った

2020年08月28日 09時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Logi OpitionsからMX Keys for Macのメニューに入った

スクリーンショットも一発でOK

 MX Keys for Macも、もちろんLogi Opitionsでのカスタマイズに対応している。F1からF12のキーに加え、イジェクトキー、fnキー、F16からF19までの、合計18のキーがカスタマイズできる。

F1からF12に加え、6つのキーがカスタマイズ可能

 割り当てられる機能は、輝度やボリュームの上下、デスクトップの移動、スクリーンショットなどとなるが、何より便利なのは、任意のアプリケーションの立ち上げと、任意のキーの組み合わせも登録できることだ。

 たとえば、F16にAdobe Photoshop CCを登録し、F17に「command+shift+3」を、F18に「command+shift+4」を登録しておいて、画面全体をメールで送るときはF17を、一ヶ所のみを切り出して送りたいときはF18を押すといった使い方が可能。

 「command+S」(保存)や「command+shift+S」(別名保存)など、試用頻度の高いコマンドを登録しておいてもいいし、「command+shift+R」(キャッシュクリア)や「command+option+esc」(アプリケーションの強制終了)といった3つのキーを使うショートカットを登録し、より簡単に起動できるようにしても面白い。

作業環境を快適にするマウスとキーボード

 MX Master 3 for MacとMX Keys for Macを試用した感想を述べた。いずれも価格は実売で1万5000円ほどで、純正品よりも高価な製品になるのだが、その分、MX Master 3 for Macはマウスとして、MX Keys for Macはキーボードとしてしっかりと作り込まれた有力製品だ。

Logi Optionと組み合わせれば、より各々のユーザーに合ったデバイスになる

 3台のデバイスとペアリングでき、デバイスが変わっても同じ操作性を実現できるというメリットもある。複数のmacOS、iOSデバイスを日頃から使っているユーザーには特にオススメしたい。特に最近は、在宅で作業をする読者も増えていると思う。持ち歩く機会の少なくなったMacBookをスタンドに置いて、この2製品を組み合わせて使うのも面白いだろう。

 本記事では試用していないが、Logi Optionから設定できる「Logicool Flow」機能を使えば、複数のデバイス間に跨ってカーソル移動をしたり、ファイルをドロップしたりと、さらに便利に使用できる。

「Logicool Flow」機能も利用できる

 また、アップル製品にラインアップされる「スペースグレイ」に合わせたカラーリングになっている点にも注目したい。今回はiMacと組み合わせているが、スペースグレイのiMac Proとの組み合わせは、外観的にもさらに調和が取れるはずだ。

 Logi Optionと組み合わせれば、ユーザー各々がもっとも使いやすい状態にカンタンにカスタマイズできるのもポイント。アップル純正品の魅力が、よく考え込まれ、作り込まれたソフトウェアとの一体感だとすれば、MX Master 3 for MacとMX Keys for Macの魅力は、周辺機器としての使用感に特化し、ユーザーの好みに合わせて柔軟に味付けできる面白味にあるだろう。

MX MASTER 3 for Macの主な仕様
製品名 MX MASTER 3 for Mac アドバンスド ワイヤレスマウス
センサー方式 Darkfield
解像度 200dpi~4000dpi(50dpi刻みで設定可能)
総ボタン数(チルト機能含む) 7
駆動時間 約2時間の充電で最大70日(週5日・1日8時間の使用に基づく)
無線方式 Bluetooth
接続I/F USB Type-C/Bluetooth Low Energy
カラー スペースグレー
対応OS macOS 10.15以降、iPadOS 13.4以降
サイズ/重量 およそ幅84.3×奥行124.9×高さ51mm/約141g
MX KEYS for Macの主な仕様
製品名 MX KEYS for Mac アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード KX800M
キーレイアウト Mac用英語キー配列
キー構造/デザイン パンタグラフ
キーピッチ 19.0mm
キーストローク 1.8mm
押下圧 60±20g
駆動時間 4時間のフル充電で最大10日間、またはバックライトをオフにして最大5ヵ月(週5日・1日8時間の使用に基づく)
無線方式 2.4GHz ロジクール Unifying、Bluetooth Low Enegy
接続I/F USB/USB Type-C/Bluetooth Low Enegy
カラー スペースグレー
対応OS Bluetooth:macOS 10.15以降、iPadOS 13.1以降、iOS 9以降、USBレシーバー:macOS 10.15以降(キーボードをサポートする、または USB ポートを搭載した Bluetooth Low Energyテクノロジー対応デバイス)
サイズ/重量 およそ幅430.2×奥行131.63×高さ20.5mm/約810g

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン