このページの本文へ

「MX Master 3 for Mac」と「MX Keys for Mac」をレビュー

純正品しか使わなかった筆者が、ロジクールのmacOS向けマウスとキーボードを使ったら劇的に快適な環境が手に入った

2020年08月28日 09時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Logi OptionsからMX Master 3 for Macのメニューに入ったところ

Logi Optionsでさらに便利に

 専用の無料アプリケーション「Logi Options」を公式サイトからダウンロードすれば、さらに便利に使用できる。

 Logi Optionsは、ロジクールの周辺機器を一括して管理できるアプリケーションで、個別のデバイスのメニューから、ボタンの割り当てや、スクロール速度、スクロールの方向といった設定が可能だ。

ボタンの割り当てを変えられるので、たとえば、モードシフトボタンに、ミッションコントロールの起動に変えるといった設定が可能

ポインターの軌跡の速度や、スクロールの速度は、無段階で細かく設定できる。ベストな設定を見つけよう

 まとめれば、Magic MouseやMagic Trackpadの指によるジェスチャーを、ボタンや独自のジェスチャーにうまく置き換えて、ストレスなく使える仕様に落とし込んでいるマウスといえるだろう。

 なおMX Master 3 for MacとMacはBluetoothで接続できる。3台までのデバイスとペアリングが可能なので、外出用のMacBookとオフィス用のMacBook、自宅用のiMacとペアリングしておいて、常に持ち歩くことで、環境が変わっても同じ操作感を実現するといった使い方もできる。ちなみに、MacだけでなくiPadでも使用可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン