このページの本文へ

現在地の浸水リスクもシミュレーション可能

au向けウェザーニュース、浸水被害を疑似体験できる「AR浸水シミュレータ」公開

2020年08月21日 18時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウェザーニューズは8月20日、au Market版「ウェザーニュース」アプリにおいて、浸水被害を疑似体験できる「AR浸水シミュレータ」を公開したと発表。

 AR浸水シミュレーターは、今いる場所が浸水したらどうなるかをスマホで疑似体験できるアプリ。拡張現実(AR)技術を活用し、目の前が浸水した様子を視覚的にわかりやすく表現することで、浸水被害をリアルに体験できるという。

 本アプリでは、スマホのカメラ機能を使用して、自分の目の前の景色が浸水した状況を映し出す。浸水の深さは10cm単位で設定可能で、浸水が50cmになった場合や1mになった場合に、今見ている景色がどのように変化するのかをスマホの画面に可視化する。また、水流や水の色も指定できる。

銀座駅周辺のシミュレーション

浅草駅周辺のシミュレーション

 ユーザーの位置情報から、現在地の浸水リスクもシミュレーション可能だ。このシミュレーションでは、ユーザーの位置情報と国土交通省が発表している洪水浸水想定区域データとを照らし合わせ、想定しうる最大規模の降雨で河川が氾濫した場合、現在地で想定されている浸水深をスマホの画面に表示する。例えば、銀座駅周辺では50cm、浅草駅周辺では1mの浸水が想定されており、これらの想定を実際の景色に重ねて見ることができる。

 本アプリを使えば、自宅や勤務先に水が入ってきた場合、実際に何がどの程度まで浸水するのかを視覚的にわかりやすく確認できるため、いざという時の安全確保や避難計画の検討、家財道具や商品の移動など事前の浸水対策として活用できるとのこと。

 また、見慣れた景色や目の前の景色に浸水の様子を重ね合わせることで、誰でも危機感を感じやすく、水害をより“じぶんごと”として捉えて、防災意識の向上に役立てられるとしている。

 AR浸水シミュレータは、Android専用アプリとなる。起動にはGoogleのAR Core対応端末、およびau Market版のウェザーニュースアプリとAR浸水シミュレータの両方が必要。AR浸水シミュレータは、ウェザーニュースアプリのメニューからインストールできる(auスマートパス会員が対象)。今後は、iOSや他キャリアにも展開していく予定だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン