このページの本文へ

天気痛のタイミングや薬の服用履歴を記録できる「わたしの天気痛メモ」も実装

ウェザーニュース、天気痛予報に「天気痛アラーム」などの新機能を追加

2020年06月02日 14時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウェザーニューズは6月2日、スマホアプリ「ウェザーニュース」の天気痛予報に、「天気痛アラーム」と「わたしの天気痛メモ」の新機能を追加したと発表。どちらも無料で利用できる。

 天気痛予報は、天気の変化に起因する体の不調「天気痛」が起こりやすいタイミングを予報するサービス。ウェザーニュースのユーザーから寄せられた天気痛の症状報告と気圧データの分析結果から、天気痛の発症に寄与しやすい気圧変化パターンを抽出してそれぞれのパターンを指数化し、6日先までの天気痛の発症リスクを「警戒」「注意」「やや注意」「安心」の4ランクで表示する。

天気痛アラーム(サンプル画面)

 新機能の天気痛アラームは、事前に登録した地点の翌日の天気痛の発症リスクが注意、もしくは警戒の場合、スマホのプッシュ通知で天気痛の発症リスクを知らせるもの。翌日の天気痛の発症リスクを事前に把握できるため、症状に対する心構えや薬の準備など、事前の対策に役立てられるとのこと。

わたしの天気痛メモ(サンプル画面)

 わたしの天気痛メモは、天気痛が起きたタイミングや薬の服用履歴をアプリに記録できる機能。記録はカレンダー形式で確認可能で、過去30日分の記録までを無料で閲覧できる。過去の症状を天気や気温、気圧などと照らし合わせることができるため、痛みが起きやすい状況や薬の服用による症状の変化など、症状の振り返りや傾向の把握に利用できるという。

 なお、ユーザーがわたしの天気痛メモに記録した症状報告は、天気痛予報の分析データとして活用するとのこと。天気痛予報のさらなる精度改善と、個々の症状に合わせたよりパーソナルな予報を目指し、今後も予報の改善に努めるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン