このページの本文へ

HDMI出力やSDカードリーダー、USB PD給電、さらにNVMe SSDも入る多機能Type-Cハブ

2020年08月21日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USBハブやカードリーダー、HDMI出力のほか、M.2スロットまで備えた多機能ドッキングステーション「FXH-3」が東映無線の各店に入荷。ノーブランド扱いの格安品で、テクノハウス東映と東映ランドにて7980円で販売されている。

多機能なType-C接続のドッキングステーションに新モデル。画面出力やPD給電、さらに高速SSDも搭載できる

 Type-C接続のノートPCなどに接続、多彩なポートを増設できる多機能ドッキングステーション。複数のUSBポートやHDMI出力のほか、USB PD対応のType-C、さらにM.2スロットまで搭載している。

 接続インターフェースはUSB3.1 Gen2 Type-Cで、ポート構成はUSB 3.1 Gen2 Type-A×2、USB3.1 Gen2 Type-C×1、SD/microSDカードリーダー、HDMI出力×1、USB Type-C(PD専用)×1。HDMI出力は4K/30Hzに対応、USB PD入力は最大100W給電をサポートしているという。

多彩な機能を搭載しながら、ノーブランド品のため格安。Type-C端子は給電専用で最大100Wに対応

PD用だけでなく、USB3.1 Gen2接続のType-Cポートも搭載。M.2スロットはNVMe SSDに対応する

 また、M.2スロットはPCI-Express接続のNVMe SSDを搭載可能。フォームファクタはM.2 2230/2242/2260/2280をサポートしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン