このページの本文へ

不動産仲介のDXを推進する「カナリー」運営の株式会社BluAge、約3億円の資金調達を実施

2020年07月30日 08時00分更新

文● 株式会社BluAge

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社BluAge
物件の自動掲載、現地待ち合わせ、オンライン内見・契約により効率的な仲介を実現。また、売買領域におけるヤフー株式会社との事業提携を発表

不動産仲介業者の業務をオンライン化する業務効率化ソリューションとお部屋探しアプリ「カナリー」を運営する株式会社BluAge(本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木 拓輝)は、Angel Bridge、東大創業者の会応援ファンド、SMBCベンチャーキャピタル、個人投資家などより約3億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。


賃貸物件を探す消費者向けアプリ「カナリー」は正式リリースから約1年間の期間で16万件以上のダウンロード、2万件以上の内見依頼がありました。主要な部屋探しアプリの中では最も高いレビュー(★4.7)を獲得しています。また2020年7月より同アプリ内において売買版を正式リリースし、ヤフー株式会社と売買物件情報における事業提携を締結したことを合わせてお知らせいたします。ヤフー株式会社が運営する不動産ポータルサイト「Yahoo!不動産」が扱う約30万件の物件情報がカナリーにも掲載されます。



■「カナリー(CANARY)」概要

従来の不動産仲介においては、不動産エージェントがポータルサイトに毎日数時間かけて手動による物件掲載を行い、物件の確認から内見手配と申込みまで、電話やFAXが用いられています。また、これらの業務活動や接客は店舗ごとに実施されており、働き方の柔軟性が低く長時間労働の原因となっています。

カナリーは、管理会社と提携することで物件情報をデジタル化しており、物件情報の自動掲載を可能にしています。これにより不動産エージェントは面倒な広告掲載作業から解放され、顧客対応に集中できるようになっています。また、今回の新型コロナを背景に、不動産仲介においてもデジタルへのシフトが強く求められていますが、店舗を起点としない、内見は現地待ち合わせ現地解散、契約はオンラインで完結という効率的で柔軟な業務の形を実現します。

また、カナリーにより借り手のユーザーにも利便性があります。いわゆる「おとり物件」を含む募集終了物件や重複した情報が大きく削減されるため、ユーザーは正確で最新の物件情報をもとに部屋探しを行えるほか、店舗に行かず契約まで完了することができるようになります。



(サービスイメージ)

■今後の展望・方針

電話やFAXが未だに主流である不動産業界において、一気通貫したデジタルトランスフォーメーションをしていくことによって、ユーザーに透明性高い情報と効率的なプロセスを提供するだけではなく、不動産エージェントの生産性向上によって、よりよい部屋探しのユーザー体験を追求してまいります。

カナリーの詳細・ご利用:https://canary-app.jp/

■代表プロフィール

代表取締役 佐々木 拓輝
東京大学経済学部卒業後、メリルリンチ投資銀行部門にて、国内外のM&Aや資金調達に従事。その後ボストン コンサルティング グループを経て、2018年4月に株式会社BluAgeを設立

■会社概要

会社名  : 株式会社BluAge
代表者  : 代表取締役 佐々木 拓輝
所在地  : 〒104-0041 中央区新富1-8-2 MIYAMAビル3階
設立   : 2018年4月
事業内容 : 部屋探しアプリ「カナリー」の提供
URL   : https://bluage.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン