このページの本文へ

HISモバイル、UMIDIGI製スマホ「A3X」とSIMのセット販売 1万円台のグローバルスマホ

2020年07月29日 16時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  H.I.S.グループの格安モバイルサービスのHISモバイルは、UMIDIGI製スマートフォン「UMIDIGI A3X」とSIMカードのセット販売を開始した。SIMとのセット購入時の一括価格は1万4880円(以下、すべて税抜)、24回分割払いを選択すると月130円が割り引かれる「分割サポート」が最大24回適用され(最大3120円)、税抜月1390円から利用可能としている(事務手数料として3000円が別途必要)。

 UMIDIGI製スマートフォンは、Amazon.co.jpなどのネット通販では格安のSIMフリースマホとして、マニアにはすでに知られた存在だが、MVNOによるセット販売は珍しい。

HISモバイルが「UMIDIGI A3X」をSIMとのセットで販売。独自の日本語サポートも用意する

 UMIDIGI A3Xの主なスペックは、5.7型液晶(19:9、720×1512)、MediaTek Helio A22(MT6761 1.8GHz、クアッドコア)、3GBメモリー、16GBストレージ(microSD追加可能)、16メガ+5メガカメラ(イン13メガ)、3300mAhバッテリー、指紋センサー(+顔認証)、Android 10など。対応バンドは、LTEで1/2/3/4/5/6/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/40/41と広く、HISモバイルで用いられているドコモ/ソフトバンク網のSIMはもちろん、海外でも広く利用可能としている。SIMスロットはnanoSIM×2で、DSDVにも対応。なお、HISモバイルによる独自の日本語サポート体制も用意されるとのこと。

音声SIMセット時の端末代込みの料金

 なお、HISモバイルの現在主流の料金プラン「ビタッ!プラン」は、ドコモ/ソフトバンクの2タイプが用意され、月100MB/2GB/5GB/10GB/15GB/30GBと通信量に合わせて、料金がアップしていく段階制。段階制でありながら、あらかじめ上限値を設定できるほか(上限まで達すると速度制限)、上限値を月途中で切り替えることも可能になっている。

こちらは一括払い時、つまり本来のHISモバイルの音声SIMでの料金

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン