このページの本文へ

“蒸し鶏”VS“ローストビーフ”の低温調理対決! 2020年上半期、低温調理器BONIQレシピサイトランキング 安価で栄養満点!究極に柔らかい「蒸し鶏」に軍配!

2020年07月28日 10時00分更新

文● Hayama-Colony inc.

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Hayama-Colony inc.
緊急事態宣言期間に、過去最高月間266万PVを突破!

“一家に一台、低温調理を”をモットーに、6万7千台を超える低温調理器「BONIQ(ボニーク)」を販売する株式会社葉山社中(本社:神奈川県三浦郡葉山町、代表取締役:羽田和広、以下、葉山社中)は、2020年1月1日(水)から6月30日(火)にかけて、自社が運営する低温調理レシピサイト( https://boniq.jp/recipe/ )2020年上半期PVランキングを発表します。低温調理レシピサイトは2017年5月にオープン、2019年10月で50万PVを達成、2020年1月で70万PV、その後5月末時点で月間266万PVとアクセスが急増しています。


低温調理対決は蒸し鶏に軍配
上半期1位となった「史上最強に柔らかい蒸し鶏」
■上半期1位は“蒸し鶏”に軍配。自粛期間で普通の蒸し鶏には飽きた!?「史上最強に柔らかい蒸し鶏」の人気の秘密とは?

2020年4月7日より緊急事態宣言が発令され、5月25日に解除された約1か月半は、グラフの通り急激な伸びを示し4月から5月で約1.5倍、5月に200万PVを始めて突破して5月末の時点で月間2,662,943PVを達成しました。6月末時点で月間2,031,385PVと落ち着いたものの順調に推移しています。2020年1月から6月にかけて低温調理レシピサイト、ダントツの1位に輝いたメニューが「史上最強に柔らかい蒸し鶏」(以下、蒸し鶏)でした。上半期を通じて圧倒的な強さを発揮、2位の「牛もも肉のローストビーフ」(以下、ローストビーフ)を寄せ付けず、最大1.7倍の差を付けるほどぶっちぎりの1位を獲得しました。ローストビーフと言えば高級料理の定番メニュー。低温調理を始めた方は一度はやってみたいと思うメニューのひとつです。その定番を差し置いて1位となった蒸し鶏の良さを葉山社中・代表の羽田は『蒸し鶏には鶏むね肉を利用します。鶏むね肉は安価で栄養価も高く、高たんぱく質で糖質もほぼゼロ。筋肉量を増やすためには最適な食材です。筋肉量が増えれば代謝が高まり、免疫力アップにもつながります。太りにくい体も維持できます。長引く自粛期間で運動不足にもなりがち、体力も衰える中で、鶏むね肉をチョイスしたのは、効果的に栄養価を摂取したい男性、女性が増えた証拠だと思います。低温調理をすれば、ローストビーフもとろけるほど美味しくなります。鶏むね肉の場合、茹ですぎるとパサつき旨味が無くなりますが、その課題を解決できるのが低温調理器です。これなら頻繁に食べられる、柔らかくて飽きないことが“蒸し鶏”が選ばれた理由のひとつです』続けて『リモートワークをされている方もまだ多い。これから夏バテするシーズン。コロナの影響が計り知れない中で、ぜひ免疫力を高める食生活を心がけてほしいと思います』と語りました。
■2020年上半期(1月-6月)、低温調理器BONIQレシピランキング

2020年上半期、BONIQレシピ人気ランキングトップ10
低温調理レシピ、タイトル名(メニュー)、累計PV、低糖質(一食分)、設定温度、湯煎時間の順
1位 史上最強に柔らかい蒸し鶏 325,882 5g以下 60℃ 1時間半
2位 牛もも肉のローストビーフ低温調理 塩投入比較 185,541 5g以下 57℃ 3時間40分
3位 虜になっちゃう自家製チャーシュー 185,231 5g以下 63℃ 4時間
4位 フォアグラみたいな鶏レバー 125,377 5g以下 63℃ 45分
5位 簡単すぎる 温泉卵 104,302 5g以下 68℃ 30分
6位 旨みローストビーフのサラダ 98,936 5g以下 57℃,60℃ 3時間、1時間45分
7位 絶品!贅沢な牛もも肉の厚切りステーキ 93,334 20g以下 58℃ 2時間40分
8位 しっとりローストポーク 3種ソース添え 71,487 40g以下 63℃ 4時間半
9位 自家製!美味しい鶏ハム 69,514 20g以下 61℃ 3時間40分
10位 豚ばらの低温調理 温度比較 48,299 5g以下 77℃ 8時間半
上半期2位は「牛もも肉のローストビーフ」
■「BONIQ」販売台数6万7千を突破!健康と旨味の両方を兼ね備えた調理方法「低温調理」とは?
低温調理とは、肉汁が流出しない温度で絶対温度で火入れするため、肉全体を通して旨味を閉じ込める調理方法。低カロリー・高タンパク質の肉が美味しく、手軽に食べられることやフランス料理などの高級料理店と同等なお肉が“自宅で”簡単に作れることで健康意識の人やフィットネスをやられている方を中心に口コミで広がり、今では、一般家庭にも浸透しつつあります。肉以外に、魚、卵、野菜などにも可能で、素材の旨味を抑え込むため栄養価が高く美味しい食事が楽しめるのが特徴です。
2017年12月に初号機「BONIQ(ボニーク)」(希望小売価格:19,800円(税別))の一般販売を開始し、2020年1月にはコンパクトサイズで1.5倍にパワーアップした「BONIQ Pro」(希望小売価格:29,800円(税別))を発売。7月20日までに初号機と合わせた販売数が6万7千台を超えており、2021年5月までに更に3万台を販売する計画です。
コンパクトサイズで1.5倍にパワーアップした「BONIQ Pro」
カラー(コスモブラック、ノーブルシルバー)は2種類。シルバーも人気だ。

低温調理器「BONIQ(ボニーク)」公式サイト:https://boniq.store/

■進化した低温調理器「BONIQ Pro」製品概要
【メーカー小売価格】29,800円(税別)
【カラー】全2色、コスモブラック、ノーブルシルバー
【定格電力】100V / 50-60Hz(最大1200W)
【設定時間】1分~99時間59分
【製品サイズ】高さ515ミリ / 幅53ミリ / 奥行き103ミリ(ホルダー含む)
【箱サイズ】縦330ミリ 横245ミリ 高さ70ミリ
【電源コード長】1.5メートル
【温度範囲】5度~95度(温度誤差:+/- 0.1℃)
【湯煎容量】容量5リットル~20リットルの鍋
【製品重量】1キログラム
【製造国】中国
【メーカー保証】1年間(含:飲食店)
【電気代】約5~8円/時間
【アプリ】iOS、android対応
【その他】PSEマークあり/技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)あり


■葉山社中会社概要
・会社名称 :株式会社 葉山社中 / Hayama-Colony inc.
・代表取締役 :羽田和広
・所在地 :神奈川県三浦郡葉山町一色1642番地
・設立 :平成28年6月21日
・資本金 :9,800,000円
・社員数 :10名(派遣・アルバイト含む)
・事業内容 :低温調理器「BONIQ(ボニーク)」の製造販売、自社ECサイトの運営
https://boniq.store/
月間200万PVを超えるBONIQレシピサイトの運営(2020年6月末日現在)
https://boniq.jp/recipe/

■2020年上半期1位となった「史上最強に柔らかい蒸し鶏」のレシピ動画


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン