このページの本文へ

世界初★500円で勉強できる「AIアプリ勉強サロン」がオープン

2020年07月28日 08時00分更新

文● Study-AI株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Study-AI株式会社
「AIアプリをリリースできる私になる!」をキャッチフレーズに、月々たった500円でAIの実践開発を勉強できる「AIアプリ勉強サロン」がオープンしました。

人工知能の教育コンテンツ提供 及び 人材育成を行うStudy-AI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:福田徹、以下、Study-AI)は、2020年7月28日に「AIアプリをリリースできる私になる!」をキャッチフレーズとし、月々500円からの低価格でAIアプリ開発が勉強できる「AIアプリ勉強サロン」をオープンしました。 http://kentei.ai/salon/ 実践的なアプリの開発コースは、コースの数自体が少なく、また1コース数十万円と敷居が高い市場状況です。 Study-AIでは、一般の方が気軽に参加できる月額500円の勉強コミュニティ「AIアプリ勉強サロン」の提供に挑戦させて頂きます。「AIアプリ勉強サロン」では、実際にリリース(又はPoC)したアプリの企画段階から、開発、リリース迄の一連を分かりやすい解説付きで配信します。



人工知能の教育コンテンツ提供 及び 人材育成を行うStudy-AI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:福田徹、以下、Study-AI)は、「AIアプリをリリースできる私になる!」をキャッチフレーズに、月々500円からの低価格でAIアプリ開発が勉強できる「AIアプリ勉強サロン」をオープンしました。

http://kentei.ai/salon/

■AIアプリ勉強サロンができた背景
実践的なアプリの開発コースは、コースの数自体が少なく、また1コース数十万円と敷居が高い市場状況です。
Study-AIでは、一般の方が気軽に参加できる月額500円の勉強コミュニティ「AIアプリ勉強サロン」の提供に挑戦させて頂きます。「AIアプリ勉強サロン」では、実際にリリース(又はPoC)したアプリの企画段階から、開発、リリース迄の一連を分かりやすい解説付きで配信します。


Study-AIでは、AIの社会実装の一翼を担うべく、課題ドリブンを起点にしたAIの利活用を推進していける人材の育成などを手がけています。急激に進むAIの技術発展を担う人材を輩出していくため、一般社団法人日本ディープラーニング協会(理事長;松尾豊 以下、JDLA)が主催する資格試験「E資格」の認定講座を運営するなど、AI人材の育成に貢献してまいりました。

▼ AI実装検定(Study-AI主催)
http://kentei.ai/

資格試験を目指した人材育成は目標をもって取り組めるため、とても意義のあるものです。一方で課題となっているのは、資格試験でAIを実装する基礎を身に付け、ある程度のスタートラインには立てるものの、いざ実際にサービスを開発してリリースするとなると実践的な研修の場が乏しいという事です。


AIアプリ勉強サロンの特徴
上記のような背景を踏まえ、「AIアプリ勉強サロン」では、価格が破格である事以外に3つの特徴を持っています。

1)地味アプリ
 - 地味でも、実用的で手軽に簡単に素早くリリースできるアプリから作り方をご紹介します。

2)動きが楽しいアプリ
 - ドローンや音楽、チャットボットなど、物理的な出力結果が楽しいアプリも扱い、AIが初めての文系の方やプログラミングが初めての方にも興味を持ってもらえるようにご紹介します。

3)入門者向け教材の開放
 - 入門者や初級者向けには、資格試験に紐づいた教材を無料でも豊富に公開します。プログラミングやAIの基礎がない、数学知識が中学生レベルであっても、基礎を勉強しながら様々なアプリの作り方をインプットして頂く事ができます。

▼ G検定模擬問題
http://study-ai.com/generalist/

▼ 超AI入門講座
http://kentei.ai/course/a/

■オープンキャンペーンについて
2020年8月・9月限定で入会費が無料!(8月・9月は入門者向け教材のみのご提供となります)

ーーーーーーーーーーー
Study-AI株式会社 概要
社名  :Study-AI株式会社(※旧商号:ASAH株式会社)
所在地 :東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル
代表者 :福田 徹
設立  :2018年6月
事業内容:人工知能の教育コンテンツ提供及び人材育成
URL  : http://study-ai.com
ーーーーーーーーーーーー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン