このページの本文へ

ウミトロン、衛星データを活用した水産養殖向け高解像度海洋データサービス「UMITRON PULSE」の提供を開始

2020年07月28日 07時00分更新

文● ウミトロン株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウミトロン株式会社
UMITRON PTE. LTD.(所在地: シンガポール、共同創業者 / マネジング・ダイレクター 山田雅彦)は、Web上で海洋環境データを可視化する新サービス「UMITRON PULSE(ウミトロン パルス)」の提供を開始しました。UMITRON PULSEは、衛星リモートセンシング技術を活用し、世界中の様々なエリアの高解像度の海洋データを日次で確認することができます。




魚類養殖、及び貝類養殖、海藻類の養殖事業者にとって、海洋環境の変化は、給餌や採苗、出荷の時期等に関して大きな影響を与え、かつ有害なプランクトン繁殖等のリスクとなる場合があります。UMITRON PULSEによって、養殖事業者は広範囲の海洋環境の変化を定期的に確認することができ、より効率的な生育、及びリスク管理に貢献します。

UMITRON PULSEでは現在、海水温、塩分、溶存酸素、クロロフィル濃度、波高の海洋データを提供しており、画面内で拡大・縮小することで、養殖場に近い局所的なデータと広範囲データの両方を自在に、かつ容易に確認することが可能です。また、当日付の海洋データだけではなく、48時間以内の海洋環境変化を予測する機能も提供しています。近日中に公開予定の追加機能として、海洋環境データ種類の増加、各種データの毎時更新、及び過去の海洋データとの比較分析機能を搭載。また、追ってUMITRON PULSEのモバイル版アプリも公開し、利便性とユーザビリティを高めていく予定です。

「世界中の様々な養殖事業者に宇宙から貢献できるサービスを公開することができ、大変感慨深いです。魚類養殖、及び貝類養殖、海藻類の養殖事業者の方々へ、養殖現場の情報だけでは取得が困難だった海洋環境データを組み合わせることで、より効率的な生産やリスク管理に貢献できるよう、今後もさらにサービスを磨いていきます。」(アンディ デヴィソン、プロダクトマネージャー、UMITRON)

現在、上記5種類の当日付海洋データを閲覧できる無料プランをご用意しており、ご興味のある方はどなたでもご登録いただけます。また、グレードアップした追加機能をご利用いただける月額プランもございます。

UMITRON PULSE無料利用登録URL(所要時間1分): https://www.pulse.umitron.com

参考画像

クロロフィル濃度データ
塩分濃度データ
水温データ
波高データ
酸素濃度データ
ウミトロンについて
ウミトロンは、成長を続ける水産養殖にテクノロジーを用いることで、将来人類が直面する食料問題と環境問題の解決に取り組むスタートアップ企業です。シンガポールと日本に拠点を持ち、IoT、衛星リモートセンシング、機械学習をはじめとした技術を用い、持続可能な水産養殖のコンピュータモデルを開発しています。私たちは世界中の養殖ノウハウを集積したコンピュータモデルを開発・提供することで、より安全で、人と自然に優しい「持続可能な水産養殖を地球に実装する」ことを目指しています。


- お問合せ先 -
UMITRONサービス・事業連携 お問い合わせ窓口  Email:pulse@umitron.com
広報/取材について:UMITRON 広報担当窓口 Email:pr@umitron.com

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン