このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第107回

【解説・アップルiOS 14】飲食店を救う、あるいは淘汰する「App Clips」

2020年07月23日 09時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOS 14に流れる「体験のコンパクト化」というテーマ、そしてAndroidへのキャッチアップという市場における外せないポイントが交差する、象徴的な機能がApp Clipsです。

 App Clipsはグーグルが実現していた「Instant Apps」のiPhone版というイメージ。いわばアプリの一部分の機能を切り出して利用できるミニチュア版、出張所、みたいなイメージでしょう。

 こうしたミニアプリが必要となったのは、おそらく皆さんも経験があると思いますが、街中、あるいは店頭で、会員登録や決済をする際、「アプリをインストールしてご利用下さい」と言われてしまったときの面倒くささ。

 簡単に言えばこれを解決するための手段が、Instant Appsであり、App Clipsというわけです。ユーザーとしてみれば、面倒なダウンロード→新規ユーザー登録→決済手段登録という手順を回避できて、店側としては客に嫌な顔をされず、デジタル化された店舗サービスを、その場ですぐ提供でき、エンゲージメントを高める手段として有効活用できる、というわけです。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中