インバースネット、第10世代CoreとB460搭載の「GKシリーズ」3モデル

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは7月17日、拡張性が高くメンテナンス性に優れるとする「GKシリーズ」から、第10世代インテルCoreプロセッサーとB460チップセットを搭載するデスクトップパソコン3機種を発売した。

 CPU、グラフィックス、ストレージが異なる3機種をラインアップする。販売はFRONTIERダイレクトストアにて。

 GKシリーズは、従来製品よりもプラスチックの量を大幅に減らしたエコPCケースで、堅牢性の高いSECC鋼板製ボディーのシンプルなフラットデザインを採用したモデル。フロントパネルにはUSB Type-A(USB 3.2 Gen1)×2とオーディオポートを搭載。電源を入れると大型Power LEDと共に青色に発光する。

 強化ガラスを使用した左サイドパネルからは、PCパーツのLEDライティングも楽しめる。ワンタッチプッシュボタンで開閉可能なため、日常のメンテナンスも容易だという。また、GeForce RTX 2080 Tiなど330mmまでのビデオカードも搭載可能なほか、エアフローを妨げない裏面配線を採用した。突起部を含む本体サイズは、およそ幅209×奥行き391×高さ381mm。

 マザーボードには、最大64GBメモリー(32GB×2)を搭載可能なECS製「B460H6-M22」を採用。映像出力はHDMI、DVI-D、D-Subを装備し、オンボードグラフィックス使用時には最大3画面の同時出力が可能。インターフェースは、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×4、USB 2.0×2を備える。M.2スロットはPCI Express 3.0 x4に対応し、NVMe SSDを取り付けられる。

 上位モデルのスペックは、CPUがCore i9-10900、グラフィックスがGeForce RTX 2080 SUPER、メモリーが16GB、ストレージが1TB SSD(M.2 NVMe)+2TB HDD、電源が850W 80PLUS GOLD。価格は税別20万9800円。

 中位モデルのスペックは、CPUがCore i7-10700、グラフィックスがGeForce RTX 2070 SUPER、メモリーが16GB、ストレージが1TB SSD(M.2 NVMe)+2TB HDD、電源が850W 80PLUS GOLD。価格は税別16万9800円。

 下位モデルのスペックは、CPUがCore i5-10400、グラフィックスがGeForce GTX 1660 SUPER、メモリーが8GB、ストレージが500GB SSD(M.2 NVMe)、電源が600W 80PLUS BRONZE。価格は税別9万4800円。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月