このページの本文へ

EAGLYS、東芝と協業検討開始。リアルタイムビッグデータ分析におけるセキュリティ・秘密計算の実現へ

2020年07月13日 18時19分更新

文● EAGLYS 株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

EAGLYS 株式会社
~Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020 選抜企業に決定!~

EAGLYS(イーグリス)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:今林広樹、以下「EAGLYS」)は、株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長CEO:車谷暢昭)が新規事業の創出を目指して開催した「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」で協業検討企業として選抜されました。 EAGLYSは、秘密計算技術で常時暗号化したデータ操作が可能なデータベース向けプロキシソフトウェア「DataArmor Gate DB」と、東芝のIoTやビッグデータに適した高い処理能力を誇るデータベース「GridDB」との製品連携の実証を重ね、ビッグデータのリアルタイム分析における高セキュリティ・秘密計算機能の実現と価値創出に向け協業検討を進めてまいります。


■「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」
株式会社東芝のグループが持つローカル5G、IoT、ビッグデータ、画像認識等の技術等を活用し、共に新規事業の創出や協業検討を行うプログラムです。EAGLYSは、プログラム採択企業として2020年9月25日の成果発表会までに実証実験等を重ねて検討をブラッシュアップし、より本格的なビジネスソリューションとしての事業化を目指します。
*Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020( https://eiicon.net/about/toshiba-oip2020/#concept )
*GridDB( https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/griddb/index_j.htm

■DataArmor Gate DBについて
「DataArmor(R) Gate DB(データアーマー ゲート ディービー)」は、EAGLYSが開発・提供するセキュアコンピューティング・プラットフォーム「DataArmor(R)(データアーマー)」シリーズのデータベース向けの高機能暗号プロキシソフトウェアです。このソフトウェアは、データを復号せず暗号化したまま透過的にデータベース操作(検索、集計クエリ等)が可能です。データベース側に鍵をもたない設計により、通信中・保管中・処理中(検索・集計等のクエリ)を常時暗号化し、セキュリティレベルの向上と高パフォーマンスを両立しています。また、プロキシ型で提供しているため、データベースの種別に依存しない連携が可能です。本製品にはデータを暗号化したまま計算可能な秘密計算機能も搭載しており、IoT等センシングデータの計算処理などのユースケースにも適用可能です。
※本製品及び秘密計算技術の詳細については、「EAGLYS、秘密計算プロキシソフトウェア「DataArmor(R) Gate DB Edition」販売開始」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000041103.html )をご確認ください。

■EAGLYS株式会社
2016年創業、「あらゆるデータを安全に活用できる社会の実現へ」という事業理念のもと、秘密計算技術(データを生データに戻す復号をせずに暗号化したままデータ分析やAI処理可能な技術)を活用したDataArmor(データアーマ)シリーズの研究開発を行う。2020年1月には、常時暗号化したデータ操作が可能なデータベース向けプロキシソフトウェア「DataArmor(R) Gate DB」を発表。2019年、ICT Spring Europe2019サイバーセキュリティ部門優勝、2020年Japan Venture Awards2020中小企業庁長官賞、EY Innovative Startup 2020表彰、他。

■会社概要
社名 : EAGLYS株式会社 
URL : https://eaglys.co.jp/
代表者 : 代表取締役社長 今林広樹
所在地 : 東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
設立 : 2016年12月28日
資本金 : 1億円
事業内容:秘密計算技術およびAI技術に関する研究開発
秘密計算プラットフォーム「DataArmor(R)」の開発、販売
AIに関するコンサルティング及びシステム開発


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン