このページの本文へ

Box Drive導入を見合わせていた企業に朗報。Boxエコソリューション「cloudrive」を新たに販売開始

2020年07月13日 14時51分更新

文● 丸紅ITソリューションズ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

丸紅ITソリューションズ株式会社
Windowsエクスプローラーを用いてBoxをセキュアに利用可能。コラボレート機能や表示フォルダの指定も可能に。

丸紅ITソリューションズ株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:徳田 幸次 以下、丸紅ITソリューションズ)は、エンタープライズ・コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム「Box」と連携するエコソリューションとして、「cloudrive」の提供を、2020年7月13日に開始します。


「cloudrive」は、WindowsエクスプローラーにドライブマウントしてBoxを利用できるツールです。日本企業の厳しいポリシーをクリアする高いセキュリティと、ブラウザ無しでBoxを使える利便性を併せ持ちます。

通常、Windowsエクスプローラーを用いてBoxを操作する際は、Box公式ツールのBox Driveを使います。日本の企業においてはファイルサーバが主流だったため、Box Driveを使いたいという声が多く聞かれます。

一方で、一部の企業はPCに侵入したマルウェアがBox Drive経由でBoxにアクセス出来てしまうことを懸念し、Box Driveの導入に躊躇しています。また、Box Driveを導入しても、「共有リンクをクリックするとブラウザが起動してしまう」 「コラボレーターの確認や招待は使用できない」等の理由により、ブラウザとの併用が必要になってしまっている点にも悩んでいます。

そこで、Boxをブラウザから解放するためのツールとして開発したのが「cloudrive」です。
主に以下のような機能があります。

1.マルウェアのエクスプローラー経由アクセスをブロック
Box上のファイルにアクセスしようとするとダイアログが表示され、時間内に「許可する」というボタンを押下することでアクセスが許可される仕組みにより、万が一PCがマルウェアに感染したとしても、Box内のデータへのアクセスを防ぎます。

2.管理者が許可したフォルダのみマウント可能
cloudriveでアクセスできるフォルダをシステム管理者が制限できるので、機密度の高いフォルダはマウントさせないようにし、機密情報を確実に守ります。

3.ブラウザを経由せずメールの共有リンクから「cloudrive」を起動可能
メール等で受信した共有リンクからブラウザを介さず直接「cloudrive」にアクセスできるため、ブラウザと併用することなく、業務の時間短縮に繋がります。

4.ブラウザを開かずにアクセス権を管理可能
フォルダのアクセス権を「cloudrive」上で確認できるため、皆が見えるフォルダに機密情報を保存するなどのミスを防止します。招待や共有リンクもエクスプローラーから操作できます。

その他、キャッシュの暗号化やPDFのエクスポート機能、ウォーターフォールの制限を回避できる等の機能があります。

丸紅ITソリューションズは「cloudrive」のトライアル受付を開始しており、公式ホームページから申し込み可能です。

■本サービスに関する詳しい情報は、クラウドベースのコンテンツ管理プラットフォーム Boxの紹介サイトおよび「cloudrive」の紹介サイトをご覧ください。

・Box
http://www.marubeni-itsol.com/solution/box/index.html

・各エコシステムソリューション
http://www.marubeni-itsol.com/solution/box/cloudrive.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン