このページの本文へ

AOSデータ社、リーガルテック事業承継のお知らせ

2020年07月13日 13時00分更新

文● AOSデータ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AOSデータ株式会社
クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋、以下AOSデータ)は、上場に備え、8月1日付けにて、リーガルテック株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 佐々木 隆仁、以下リーガルテック)が提供するフォレンジックサービス事業、eディスカバリサービス事業、フォレンジックツール販売事業の3事業を吸収分割契約(会社法第757条)に基づき、AOSデータに承継することとなりました。


これによりAOSデータは、クラウドデータ事業、システムデータ事業、データ復旧事業に新たにリーガルデータ事業が加わることとなり、そのシナジー効果による事業拡大とお客様への新たな付加価値サービスを展開して参ります。

リーガルテック社は、今後、日本で本格化するLaaS(LegalTech as a Service)への取り組みにシフトし、次世代電子契約プラットフォーム「Keiyaku.Ai」、法律ポータル「LegalSearch.jp」、知財ポータル「Tokkyo.Ai」、JapanMade事務局、真贋判定システム「Hyperj.ai」の事業に注力して参ります。

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月 資本金: 3億5,250万円
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、80万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを無くしてしまったお客様のデータを復旧してきたデータ復旧事業、1000万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。AOSデータ社は、データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、11年連続販売本数1位を獲得しています。今後は、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決を支援してきたリーガルテック社が行ってきたリーガルデータ事業を統合し、一層、「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献して参ります。

【リーガルテック株式会社について】
名 称:リーガルテック株式会社 代表者:佐々木 隆仁
設 立:2012年6月 
所在地:東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル4F
資本金:5,100万円 
URL: https://www.aos.com/
1995年創業のリーガルテックの老舗。AOSテクノロジーズ株式会社の100%子会社として2012年に設立。以来、eディスカバリ、フォレンジックを提供し、2015年には犯罪捜査や企業の不正検証の技術で国民生活の向上に著しく貢献するとして第10回ニッポン新事業創出大賞で「経済産業大臣賞」を受賞。今後は、日本でも本格化するLaaS(LegalTech as a Service)への取り組みにシフトし、次世代電子契約プラットフォーム「Keiyaku.Ai」、法律ポータル「LegalSearch.jp」、知財ポータル「Tokkyo.Ai」、JapanMade事務局、真贋判定システム「Hyperj.ai」の事業を提供して参ります。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン