このページの本文へ

サイバーセキュリティ事業を展開するエーアイセキュリティラボ、独立系ベンチャーキャピタルANRIから資金調達

2020年07月13日 09時00分更新

文● 株式会社エーアイセキュリティラボ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社エーアイセキュリティラボ
シードラウンドとして数千万円を調達し、B2B SaaS「AeyeScan」の開発体制を強化

サイバーセキュリティ事業を展開する株式会社エーアイセキュリティラボ(本社:東京都江東区 代表取締役社長:青木歩)(以下、Aeye))は、独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表:佐俣アンリ)を引受先とした数千万円の第三者割当増資を実施いたしました。  Aeyeはこれまで、受託型でのホームページ向けサイバーセキュリティ自動診断(AI診断)を提供しておりました。本調達により、AI診断の提供実績と知見をもとに、B2B SaaS「AeyeScan」の2020年10月の提供に向けた開発を加速いたします。


■資金調達の目的
SaaS型の脆弱性診断サービス「AeyeScan」の提供に向けた開発体制を強化いたします。同時に、営業・マーケティング体制の強化も推進いたします。

■AeyeScan概要
Webアプリケーションの脆弱性診断サービスは、高い専門性と経験が必要で、人手による診断が中心です。自動化に向けた最大の課題は正常な遷移をツールが再現することができず、人手による実行かツールへの詳細な設定が必要な状況でした。Aeyeは、正常遷移の再現にAIを最大限活用することで、今まで人手による診断が必須だった範囲についても自動化に成功し、ツールによる自動巡回・診断を実現しております。そして、AI診断における活用と実案件による実績に裏打ちされ、広い自動巡回範囲と高い検査精度の確証をもって、このたびSaaS化するものです。今後、エンタープライズのお客様のみならず、広く沢山の方々が、安価で簡単に、人手に依存せずに活用可能なSaaSでのWebアプリケーション脆弱性診断の提供実現を目指します。

■投資家からのコメント
●ANRI パートナー 鮫島 昌弘氏からのコメント
アメリカやイスラエルをはじめとする諸外国と比べ日本ではサイバーセキュリティ対策が進んでおらず、スタートアップを通じた新技術の社会実装、産業化がこれから必要だと考えております。エーアイセキュリティラボの皆様と共に日本でサイバーセキュリティ産業を構築すべく邁進して参ります。

■会社概要
会社名 : 株式会社エーアイセキュリティラボ
所在地 : 〒136-0076 東京都江東区南砂5-8-1 日経南砂別館
設立 : 2019年4月
代表者 : 代表取締役社長 青木 歩

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン