このページの本文へ

【コロナ禍】新しい生活様式に対応したオンライン永代供養

2020年07月13日 08時18分更新

文● スマートシニア株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマートシニア株式会社
世界最大級200万人以上利用の追悼サイト 

シニア向けIT通信業「スマートシニア株式会社 (本社:東京都江東区、代表:藤澤哲雄、)は、7月10日(金)に、プラットフォーム「追悼サイト」の無料提供を開始します。


追悼サイトとは、欧米で有名人の訃報を伝える目的で、故人のサイトを作成し、「お悔み」や「死亡報告」を掲載することから始まりました。その後一般へと浸透、故人の人生史、活動、追悼メッセージ、写真送付機能などが加わり、近親者「参加型」に変化しています。 
 さらに近年のソーシャルメディア普及、そしてコロナによる多大な影響により、「ネット上のお墓」として、州政府などの公的機関も含め、世界利用者200万人以上に普及拡大しています。

日本初オンライン追悼サイト


追悼.com は、だれでも簡単に作成でき、ご縁のあった方から寄稿されたメッセージで故人をしのぶことができます。また、生前に遺影セットやメッセージを記しながらご自身のサイトを作成することも可能です。技術的には、海外で運用実績を持つプラットフォームとの提携により、暗号化技術による個人情報保護、24時間365日の稼働監視、サイバー攻撃対応、永代(100年以上)サイト保護などの機能を備えています。

製品紹介 https://www.tsuitonet.com/




追悼サイトの特長

1. 多くの人とつながる
1つの追悼サイトで、平均10名程度の方々と永続的につながることができる。故人の近親者との連絡・報告・サービス提案の機会得られるということで、これらの方々への連絡機能をシステム上に、(メール、Facebook、LINEライン)装備。

2.シンプル・簡単作成




サイト専用ドメインや美しいオリジナルテンプレートで、だれでも簡単にPC、スマホからサイト作成が可能。

3. オンライン上での安全確保
暗号化技術による個人情報保護、24時間365日の稼働監視、サイバー攻撃技術導入済み、永代(100年以上目標)サイト保護などの機能を備え、安全性を確保。

4.プライバシーの設定
追悼サイト管理や運営面で、
公開・非公開を自由に設定でき、訪問者履歴・配信管理も可能


5. 追悼メッセージ(弔辞)
いつでも、どこからでもスマホやPCから、簡単に追悼メッセージ(弔辞)を送信可能


6.写真(遺影)アルバム機能
PC、Facebook、you tubeから写真(遺影)、ビデオ、音楽をインポートし、手軽にオリジナル美しい追悼アルバム作成が可能。

使い方・利用シーン


ご遺族・友人から喜ばれます。
ご高齢者や、遠方、海外、コロナ環境下で参列できない状況でも、故人へのお別れの機会が得られます。
いつでも離れていてもスマホから簡単に追悼メッセージ(弔電)を送信いただけます。
いつでも、どこからでも、故人の思い出や人生史、写真を永代供養碑としてご覧いただけます。
ご遺族や近親者が協力して追悼サイトを作成することで、故人の在りし日の様々な姿が映し出され、辛く悲しい時期の心の慰み(グリーフケア)になります。
葬儀・行事関連スケジュール管理が容易になります。
お墓参りに行かれなくてもいつでもスマホやPCからお参りできて、オンライン上にローソクを灯すことができます。
供養してくれた方の記帳の場になります。

追悼サイトURL:https://www.tsuitonet.com
スマートシニア株式会社URL:https://smartsenior.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン