このページの本文へ

各種契約を全てオンライン化!「Workship」の新機能「電子契約機能」をリリース

2020年07月10日 10時00分更新

文● GIG

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GIG
最短即日で契約書締結が可能!

株式会社GIGが運営する、『運命の仕事相手』が見つかるジョブ型雇用支援サービス「Workship(ワークシップ)」が、契約締結をオンライン上で完結できる電子契約機能をリリースしました。




■機能リリースの背景
新型コロナウイルスの影響を受け、ペーパーレスや印鑑レスという風潮が注目されています。そんな中、Workshipでは一部電子契約のサービスは提供しておりましたが、捺印や郵送などの書面契約フローが発生していました。

完全リモートワークでの採用も増える中で、ユーザー間の書類郵送やメールのやりとりなどの手間が発生しており、協働開始までの時間を削減したいというユーザーの皆様の期待に応えるために、電子契約機能をリリースする運びとなりました。

■電子契約機能のリリース内容
フリーランスと企業間の採用成立時に、機密保持契約書(NDA)はじめ契約締結がWorkship上でできるようになります。また、締結してある契約書をサービス上で確認できるようになりました。
従来、人の採用時には紙の書類によるやり取りや捺印を求められることが一般的でしたが、Workshipではサービス開始時より、マッチングから協働開始まで一連の流れを全てオンライン化できるようにユーザーの皆さまをサポートいたします。

■企業にとってのメリット
・今まで3営業日程度かかっていた契約書締結までのフローが短縮され、最短即日で契約書の締結が可能
・成約報告をするだけで契約書が自動で発行されるため、必要事項を入力するだけで締結が可能

■フリーランスにとってのメリット
・企業側との契約書の締結が早くなったことにより締結までの時間短縮。こちらも最短即日締結が可能
・企業側と同様、Workship上で必要事項を入力するだけで締結が可能

■Workshipユーザーの傾向
Workshipは2020年7月現在、登録会員数約17,000人、累計企業数約550社にご利用いただいいています。
登録会員の属性は平均年齢32.5歳、生活拠点は関東が中心。
エンジニアやデザイナーだけでなく、マーケターやディレクター、人事労務、営業など幅広い職種の方にご登録いただいております。

また、「Workship」の関連サイトとしてクリエイター向けWebマガジン「Workship MAGAZINE」の運営や、コワーキングスペース検索サイトの「Workship SPACE」なども展開。ハイレベルなフリーランス人材の活動発展を総合的且つ継続的にサポートするプラットフォームとして、更なる機能拡充に努めてまいります。
参照URL: Workship MAGAZINE(https://goworkship.com/magazine/
参照URL: Worship SPACE(https://goworkship.com/space/

■株式会社GIGについて
ナショナルクライアントからスタートアップまで、Webコンサルティング、UI/UXデザイン、システム開発など、DX支援をおこなう。また、約17,000人のITプロフェッショナルとプロジェクトマッチングサービス「Workship」を運営する。
GIG:https://giginc.co.jp/
Workship:https://goworkship.com/
Facebook :@GIG Inc. / Twitter: @giginc2016

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社GIG 広報担当
東京都中央区日本橋浜町1-11-8-4F
メールアドレス:pr@giginc.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン