このページの本文へ

新型コロナウィルス感染症対策に大活躍!AR(拡張現実)の研究開発をするスタートアップのKAKUCHO株式会社が株式会社サンワカンパニーへwebARの技術提供を開始しました。

2020年07月03日 15時01分更新

文● KAKUCHO株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KAKUCHO株式会社
おうちで簡単にキッチンの試しおきができるwebARを本日より公開!

KAKUCHO株式会社(社長:⽵本泰輔、本社:東京都渋谷区)が株式会社サンワカンパニー(社長:山根太郎、本社:大阪市北区茶屋町19番19号 アプローズタワー21階)へ、AR技術の普及と利用の活性化、コロナ対策を目的に、技術提供を開始しました。



■コロナでなかなかショールームに足を運びづらい今に最適
「webAR」は専用のアプリを開発することなく、webブラウザ上で、ARを簡単に使用できる技術です。事前にURLを共有しておけば、スマートフォンやタブレットなどのデバイスをご自宅のお部屋でかざすと、ご検討中のキッチンの3Dを試しおきすることができ、サイズやカラー確認をすることができます。現在、コロナの影響でなかなかショールームへ足を運びづらいお客様に最適なサービスです。

・サンワカンパニー オンラインストア
https://www.sanwacompany.co.jp/shop/app/pages/ar/

■実際の利用シーン
お客様の自宅でキッチンを試し置きすることができ、商品の大きさや色味の確認をすることが可能です。また、それらを行うことで、商品への興味関心が高まり、購買意欲を高めることでオンラインストアでの売り上げを向上することが可能になります。




■導入の経緯/株式会社サンワカンパニー 代表取締役社長 山根太郎氏



新型コロナウィルスの影響もあり、全てのビジネスのデジタル化、オンライン化が急速に進んでおり、また自宅待機の自粛期間を経て消費者の家での快適性に対する関心は高まっています。このような状況の中、KAKUCHO社と資本業務提携を行い、積極的にAR(拡張現実)を活用することで、実際の採用シーンを想定したサイズ感や空間の中での色合いの確認などを可能にし、EC事業におけるお客様のオンライン購買体験を更に豊かにしてまいります。

■今後のwebARの展望
KAKUCHOは、全ての人がシームレスにARを利用できる世界を目指しています。インターネットが普及した今、ホームページを持つことが当たり前になり、スマートフォンを持っているほぼ全ての人がwebARを利用できる環境にあります。

今後は、ARで使用できる商品ラインナップを充実させ、多くのお客様がこれまで以上にキッチンや家具などを楽しめる世界観を作る事に努めます。

また、コロナの影響で多くの方々が外出を自粛させれている中、今回のサービスが多くのお客様の生活に快適さをもたらすことができたら良いと考えております。

■KAKUCHO株式会社について



KAKUCHOは、ARを実用面で社会に浸透させ、誰も見たことのない世界日常を創造することを目的としたスタートアップです。ARを使った高級インテリアEC「FURNI」と、世界で一番簡単なAR「webAR」を提供しています。
URL : https://kakucho.com/
webARについては下記のリンクよりご参照ください。
https://webar.pro/

■KAKUCHO株式会社 会社概要


会社名:KAKUCHO株式会社
CEO:竹本 泰輔
資本金:6,665万円
設立:2017年8月
所在地:東京都渋谷区神宮前3-5-13 メゾン岡田301号室
事業内容:アプリケーション開発/制作、プロモーション企画制作事業、コンテンツ企画制作事業

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン