このページの本文へ

AIセキュリティのChillStackがNVIDIA「Inception Program」のパートナー企業に認定されました

2020年06月29日 15時00分更新

文● 株式会社ChillStack

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社ChillStack
不正ユーザ検知AIシステム「Stena」やAIを守る技術を開発・提供する株式会社ChillStack(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:伊東 道明、以下ChillStack)は、GPUディープラーニング プラットフォームを提供しているAIコンピューティング カンパニーであるNVIDIA Corporation(以下、NVIDIA)のAIスタートアップ支援プログラム「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定されました。




■NVIDIA Inception Programについて
NVIDIA Inception Programは、人工知能(AI)やデータサイエンスの進歩に伴い業界に革命を起こそうとしているスタートアップ企業を養成することを目的としています。Inceptionは、仮想インキュベータープログラムとして設計されており、製品開発、プロトタイピング、および導入の段階でクリティカルな状態にいるメンバーを支援します。これには、ハードウェア付与や マーケティングサポートからディープラーニングエキスパートとのトレーニングに至るまで現行のメリットのカスタムセットが含まれています。
(URL:http://www.nvidia.co.jp/object/inception-program-jp.html

■ChillStackについて
サイバー攻撃は日々高度化し、既存のサービスのリスクが高まるのと同時に、IoTやAIなどの新たなテクノロジーを標的にしたサイバー攻撃も新たに生まれています。
そこで、ChillStackは「AI技術」に特化し、既存のセキュリティシステムに存在していた課題を解決するサービスや新たなテクノロジーであるAI自身をサイバー攻撃の脅威から守る技術の開発・提供を行っています。
この認定を機に、当社はさらなるAIセキュリティに関する技術開発に取り組み、新たなサービスを安心して利用・提供できる土台を創り社会を支えてまいります。
(URL:https://chillstack.com

【会社概要】
社名:株式会社ChillStack
所在地:東京都渋谷区代々木一丁目54番4号 YS2ビル 3F
代表者:代表取締役CEO 伊東道明
事業内容:
・不正ユーザ検知AIシステムStenaの開発・提供(https://stena.chillstack.com
・脆弱性診断サービスの開発・提供
・AIを守るセキュリティ技術に関する研究開発と技術提供
・AIセキュリティに関するコンサルティング
詳細は、ウェブサイト(https://chillstack.com/)をご覧ください。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン