このページの本文へ

AnyMind GroupがインフルエンサーマーケティングプラットフォームCastingAsia上に企業SNSアカウント向けインサイト分析機能を実装し、さらにデータドリブンなSNS運用を支援

2020年06月23日 11時00分更新

文● AnyMind Group

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AnyMind Group
インフルエンサーマーケティングとSNS運用の掛け合わせにより包括的な施策展開が可能に

AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、CEO:十河 宏輔、以下「当社」)が提供するCastingAsia Platformにおける、新たな機能としてSNSアカウントのフォロワーのインサイト分析機能を強化し、本日より利用可能となりましたので、お知らせいたします。また本プラットフォームは契約企業に開放するため、担当者自身で管理画面を操作していただくことが可能です。



今回アップデートを行ったのは、企業やブランドなどの公式SNSアカウントにおけるフォロワーのインサイトを比較・分析できる機能であり、月額契約もしくは年間契約で提供いたします。インプレッション、リーチ、いいね、コメントなどの数値のほか、施策ごとのフォロワー数の増加率、フォロワーの年齢・性別分析、コメントの感情分析、エンゲージメントの高かった投稿の傾向などを、1つの管理画面で管理することが可能です。

本機能は当社独自のインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「CastingAsia Platform」から利用可能となっており、これまでに実装されているインフルエンサーのインサイト分析・キャンペーン投稿のリアルタイムレポート・過去案件のデータ蓄積・公募型案件の実施などと合わせて、この度の機能拡充を行ったことで、インフルエンサーマーケティングをより効果的、かつデータドリブンに進めることが可能になりました。

本機能はまずInstagramアカウントから機能提供を開始し、今後様々なSNSプラットフォームに対応予定です。また今後は続々と追加機能もローンチする予定となっており、年内には類似アカウントとのインサイト比較・分析、キーワード分析、自社アカウントのファンユーザー分析、投稿予約などの機能も提供予定です。本機能はトライアル期間中、無料でご利用いただくことが可能となっております。(※今後変更の可能性あり)


本SNSアカウント分析機能開発の背景

スマートフォンの普及と共に日本のSNS利用者は年々増加し続けており、Instagram・Facebook・YouTube・Twitter・TikTokなどにおいて、ユーザーと直接コミュニケーションを取れる企業公式アカウント活用は進んできています。一方で、「なかなか自社アカウントのフォロワー数が伸びない」「アカウント運用における分析方法がわからない」といった課題も出てきています。ファンやフォロワーのインサイトをさらに理解することでクリティカルなコンテンツ発信に繋げ、課題を解決するため、今回の機能を開発・実装する運びとなりました。


<AnyMind Group 共同創業者兼CEO 十河宏輔のコメント>


「近年、SNSとインフルエンサーマーケティングは常に関わり合いながら進化を続けていますが、ブランド側からターゲットに対するコミュニケーションについてはユーザーの求める情報を適切に届けられている状態がベストです。私たちは、SNSアカウント運用とインフルエンサーマーケティングを共にデータドリブンに展開していくことで、さらに効率的かつ効果的なSNSマーケティングを実現します。企業やブランドが、昨今のマーケティングミックスにおいて欠かせないSNS施策をより良い形で展開できるよう改善を続け、さらに多くの機能を提供していきます。」


【AnyMind Groupについて】


2016年4月に設立されたAnyMind Groupはマーケティング、エンターテインメント、HR、そして”ものづくり”などの領域において、テックドリブンなソリューション提供を行っています。当社はシンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、カンボジア、マレーシア、フィリピン、香港、台湾、中国、日本、インド、UAEなど世界13市場に17拠点を展開し、750名以上の従業員が勤務しています。これまでに、LINE株式会社、未来創生ファンド、VGI、JAFCO Asia、日本郵政キャピタルなどから総額62.3百万米ドル(約68.6億円)の資金を調達しています。
URL:https://anymindgroup.com/ja/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン