このページの本文へ

プロ野球選手と同じフィールドに立っているような体験ができる

千葉ロッテ選手のプレーを疑似体験できる「VR野球」ドコモ店舗に展示へ

2020年06月22日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「VR野球」体験イメージ

 NTTドコモは6月22日、5G時代の新たなスポーツの楽しみ方と利用シーンの検証を目的として、千葉ロッテマリーンズに所属する4選手のピッチング、バッティングなどを間近で疑似体験できるVR(仮想現実)コンテンツ「VR野球」を、千葉県内のドコモショップ3店舗に展示すると発表した。

 本コンテンツは、新型コロナウイルス感染拡大が収束した後、来店者が無料で体験できる予定としている。また、千葉ロッテのホームスタジアム「ZOZOマリンスタジアム」内の施設「ビーチハウスルーム supported by docomo」にも展示され、施設の利用者が体験できるようになる。

 VR野球は、利用者がヘッドマウントディスプレイを装着することで、千葉ロッテの岩下大輝投手、種市篤暉投手のさまざまな球種・球速のピッチングや、荻野貴司外野手、井上晴哉内野手の豪快なスイングを、まるでプロ野球選手と同じフィールドに立っているかのように体験できるというコンテンツ。

 利用者はキャッチャーになりきり、手元のコントローラーをグローブに見立てて全6球の投球キャッチに挑戦し、成功数を競う。料金は無料。

利用イメージ

 本コンテンツは、ドコモのグループ会社であるドコモCSが千葉ロッテの協力により制作したもので、自由視点でのバッティング鑑賞といった新たなVRコンテンツの追加や、将来的には5G技術などの活用も検討されている。

 展示場所(予定)は、ドコモショップ海浜幕張店、ドコモショップイオンモール八千代緑が丘店、ドコモショップららぽーとTOKYO-BAY店、ビーチハウスルーム supported by docomo(ZOZOマリンスタジアム内施設)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ