このページの本文へ

分散型台帳ソフトウェアScalar DLTが、マイデータ・インテリジェンス社の提供する同意管理サービスに採用されました

2020年06月19日 10時00分更新

文● 株式会社Scalar

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Scalar
株式会社Scalar(本社:東京都新宿区)が開発・提供している分散型台帳ソフトウェアScalar DLTが、6月18日に提供が開始された、株式会社マイデータ・インテリジェンス(本社:東京都港区、以下MDI)の同意管理サービス「dooi(ドーイ)*1」に採用されました。


MDIは、企業がユーザー情報を取得・利用する際の同意の取得、管理手続きを効率化し、適切なデータ運用をサポートするサービスとして、同意管理プラットフォーム(Consent Management Platform、以下CMP*2)を「dooi(ドーイ)」のブランド名で展開します。6月18日には、Cookieデータの許諾管理機能が「dooi_1.0」として提供開始されました。

本サービス構築には、分散型台帳ソフトウェアであるScalar DLTと、情報銀行向け同意管理ソリューションテンプレートであるScalar ISTをご採用いただいております。

MDIが提供する「dooi」の詳細については下記リンクをご参照ください。
https://www.mydata-intelligence.co.jp/lp/cmp/


*1: 「dooi」
MDIが提供する同意管理サービスで、Data Opt Out & Inを略し、日本語の「同意」をかけた造語です。

*2: Consent Management Platform (CMP)
CMPとは、生活者に対し、取得データの取り扱いについて提示し、同意を得たもののみを利活用するための同意管理サービスです。生活者は、自身のデータがどの企業に何の目的で収集されているか一元管理することができ、その停止などができるサービスです。


●株式会社Scalar
2017年12月に設立。スケーラビリティと耐改ざん性を備えた分散型台帳ソフトウェアScalar DLTの研究開発を行うデータベースベンダー。また、パーソナルデータの取得・利用・第三者提供における同意管理ミドルウェア等の開発を行う。「The World’s Reliable Database」をVisionとして掲げ、高い信頼性を有する独自のデータベースを活用し、企業のDXを推進している。
URL: https://scalar-labs.com/
GitHub: https://github.com/scalar-labs

●株式会社マイデータ・インテリジェンス
2018年9月に設立。生活者が自身のデータをコントロールし、パーソナルデータの利活用を可能とするデータ流通エコシステム構築を目指し、2019年7月より情報銀行(情報信託機能)サービス、マイデータ・バンク「MEY(ミー)」を提供開始。コンプライアンス、倫理、消費者保護等を最重要視した、高度なデータ流通社会実現に向けた取り組みを推進。
URL: https://www.mydata-intelligence.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン