このページの本文へ

AIチャットボット「AI Messenger」、シナリオ改善トレーニングを追加

2020年06月19日 11時00分更新

文● 株式会社AI Shift

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社AI Shift
~シナリオ毎の離脱率や解決率を可視化で改善ポイントが明確に~

株式会社AI Shift(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:米山結人、以下AI Shift)は、提供するAIチャットボット「AI Messenger」に、シナリオ毎の離脱率や解決率が可視化できる「シナリオ改善トレーニング」を追加したことをお知らせいたします。



当社ではこれまで、”ユーザーの疑問解決にこだわった回答精度の高いAIチャットボット”の提供に向け、AIエンジンの強化や運用サポート機能『AI Compass』※の開発、また産学連携によるアカデミックな研究などを進めてまいりました。

この度、新たに追加した「シナリオ改善トレーニング」は、細分化されたシナリオ単位でユーザーの「離脱率」「到達数」「到達率」「解決率」が可視化できる機能です。改善が必要な箇所を数値で分かりやすく明示されることで、ユーザーの自己解決の促進が期待できます。

■シナリオ改善トレーニング画面イメージ





1.シナリオの改善
離脱率が高い場合、ユーザーとって分かりにくいシナリオ設計(導線)になっている可能性があります。シナリオ毎に「離脱率」「到達率」を把握することで、どの地点で離脱が多いのか全体の数値と比較して相対的に判断し、よりインパクトの大きな箇所から優先順位をつけた離脱率の改善が図れます。

2.回答内容の改善
本機能では、解決率に応じてアイコンを赤・青・黄に色分けし、視覚的にも判断しやすいUIにしています。これらを指標とした回答内容の修正により、解決率の向上へと繋がります。

当社では、今後もより高品質なチャットボットを目指して研究・開発に取り組み、顧客満足度向上へと寄与するカスタマーサポートの実現に努めてまいります。

※AIチャットボット「AI Messenger」、AI機能の強化により運用効率化を実現 ~回答精度向上へ繋がる運用サポート機能「AI Compass」を開発~(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055962.html


キャンペーン実施中「自社に眠っているデータをAIで宝の山にしよう」

当社では、現在50社限定で過去の問い合わせデータ分析を無償提供しています。
分析による問い合わせ内容の可視化から、チャットボットのスムーズな初期構築や導入後の効果の事前予測が可能です。

【キャンペーン期間】6/2(火) ~ 6/30(火)
【詳細、申し込み】https://www.ai-messenger.jp/news/455/
【活用例】自動化可能な領域の明確化、チャットボット導入効果の予測、サービス改善


■AIチャットボット「AI Messenger」について
「AI Messenger」は、独自AIエンジンを搭載したAIチャットボットです。チャットボットの初期構築から運用分析までフルサポートで負担なく導入できるほか、独自の運用サポート機能「AI Compass」により短時間で的確なチューニングが可能です。また、有人チャットツールの提供や、保有する沖縄チャットセンターによる有人対応までワンストップでの対応も実現します。
サービスサイト:https://www.ai-messenger.jp/

■株式会社AI Shift 会社概要
社名 :株式会社AI Shift
所在地 :〒150-6122 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア22階
代表者 :代表取締役社長 米山 結人
設立 :2019年8月30日
事業内容 :AI導入コンサルティング事業、AIチャットボット「AI Messenger」の開発・販売、音声対話システムの開発・販売
企業URL :https://www.ai-shift.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン