このページの本文へ

障がいのある人が創るアートのオンライン販売開始「ACM Gallery」と現代アートグローバルプラットフォームを運営する「TRiCERA(トライセラ)」販売提携のお知らせ

2020年05月22日 10時40分更新

文● 一般社団法人Arts and Creative Mind

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一般社団法人Arts and Creative Mind
障がいのある人が創るアートを福祉からアートの市場へ

障がいのある人が創るアートを専門に取り扱うACM galleryを運営する一般社団法人Arts and Creative Mind(所在地:東京都渋谷区、代表理事:杉本志乃)は、2020年5月22日株式会社TRiCERA(トライセラ)と販売提携し、同社が運営する「TRiCERA.NET」にてオリジナルアート作品のオンライン販売を開始することをお知らせします。 https://www.tricera.net/


障がいのある人が創るアートを福祉からアートの市場へ

障がいのある人が創るアートを専門に扱う一般社団法人Arts and Creative Mind(以下ACM Gallery)は、
現代アートのグローバルプラットフォーム株式会社TRiCERA(トライセラ)と販売提携
世界市場に向け「TRiCERA.NET」で作品情報発信・オンライン販売開始

ACM Galleryは、全国の福祉施設などで生み出されるユニークでエネルギッシュなアートを厳選し、企画展や海外アートフェアを通じて紹介しています。これまでギャラリーでしか購入できなかったオリジナルアート作品が、日本語を含む多言語でTRiCERAが提供する「TRiCERA.NET」にアクセスすることで、作品のクリアな画像を見ながら詳しい情報を閲覧しオンラインで簡便に購入できるようになりました。これにより、アートに関心はあっても、ギャラリー訪問にハードルを感じる新しい顧客層にアプローチすることが可能となります。

TRiCERAが運営する現代アートグローバルプラットフォーム「TRiCERA.NET」は、現在1,000名を超えるアーティストが参加し、総出品数6,000点を超え総取扱高は約12億円となるプラットフォームです。3年以内に参加アーティスト数10万人、アクティブユーザー数100万人/月を目指しています。両社が提携することで、障がいのある人のアート作品が世界中のユーザーと繋がり、作品の認知度を飛躍的に上げると同時に販売につなげていくことを共同で目指して参ります。


2019 GYRE展覧会
【オンライン販売について】
TRiCERA.NET https://www.tricera.net/ のオンライン販売により、お気に入りのアートと出会い(総出品数6,000点以上)、気軽にアートを購入することが可能になります。新型コロナウイルスによる自粛生活が長引く今、ACM Galleryがセレクトするアートが、私たちの日常を豊かにする体験をお届けします。
TRiCERA.NETに掲載される作品は3万円~と一般の人に手の届きやすい価格設定となっています。


・全国各地の福祉施設等から厳選したオリジナルアート作品を『Outsider Art Selected by ACM』として
サイト上に掲載 https://www.tricera.net/galleries/10
・オンラインでの決済、梱包から発送までをワンストップで行う
・手数料を差し引いた販売代金は作家の収入となります
(*販売代金の5%はTRiCERAより一般社団法人Arts and Creative Mindへの寄付金として 団体の運営費に
充てられます)


Outsider Art Fair NY 2020での様子
【一般社団法人Arts and Creative Mindについて】
Arts and Creative Mind http://www.aacm.tokyo は脳に重い障害のある兄をもつ二人の姉妹が立ち上げた団体です。「障がいのある人もない人もその個性で輝く社会をアートでデザインする」をミッションに掲げ、障がいのある人が生み出すハイクオリティーな作品を、現代を生きるアーティストの作品として正当に評価し、販売につなげる取り組みをしています。運営するACM Galleryでは質の高い企画展を定期的に開催し、自ら社会とつながることが難しい彼らのプライドの構築に寄与すべく活動しています。2019年9月GYRE GALLERYにて企画展を開催、2020年1月Outsider art fair NYに出展。全国各地を回り独自の審美眼でセレクトされたオリジナルアート作品は、国内外で高い評価を受けています。


【TRiCERAについて】
TRiCERAhttps://tricera.co.jp/は「創造力に国境なんてない」を理念に、日本やアジア諸国をはじめ、世界中のアーティストが自由形式に作品を発表・販売出来るオンラインプラットフォームを運営しています。現在アート市場は約7兆円と推定されていますが、実際に作品販売によって生計を立てられているアーティストの割合はごく少数であり、同時に販売やプロモーション用のスペースレンタルには多大なコストがかかります。TRiCERAではオンラインによる作品紹介・販売のプラットフォームを創出し、これまで海外マーケットにアクセス出来なかったアーティストの露出と販売機会の増加を目指しています。
*当社は、株式会社デジタルガレージが運営するアクセラレータープログラム「Open Network Lab」の第19期最優秀賞受賞チームです。

ACM Galleryにて作家のXL氏と
【一般社団法人Arts and Creative Mind 代表理事・ACM Gallery ディレクター 杉本志乃コメント】
ポストコロナの時代は、つつましくもより豊かで洗練された世界に通じる大きな可能性を秘めています。文化や芸術は人が人であることの証であり、人生を美しく彩ります。そして、障がいのある人が表現する姿は、経済効率や生産性だけにとらわれない命の尊さや、人が自然の中でどうあるべきかを示してくれます。今回の販売提携の目的は、彼らが輝く新たな場の創出です。その先には、あらゆる人が人間らしく生きられる優しくて寛容な社会があります。こうした信念をもとに、私たちはこれからもさらなるチャレンジを続けて参ります。


【株式会社TRiCERA 代表取締役・CEO 井口泰コメント】

私たちのプラットフォームには、今現在、日本をはじめアジア各国や世界中から1,000名を超えるアーティストが参加しています。障がいを持つ方が表現するアートには独特の世界観が表現されており、目を瞠るものが多く存在します。「創造力に国境なんてない」が理念の弊社ですが、「創造力に障がいは関係ない」ということも強く感じでおります。今回の販売提携で、より様々なアートを世界にそして日本に拡げていくことに挑戦してまいります。


会社名:株式会社TRiCERA
代表取締役:井口 泰(いぐち たい)
本社:〒108-0074 東京都港区高輪3-10-2 SDS高輪ビル
設立日:2018年11月
資本金(資本準備金含む):98,922,000円
事業内容:現代アートグローバルプラットフォームの運営
会社サイト:https://tricera.co.jp/
サービスサイト:https://www.tricera.net/
問合先:info@tricera.co.jp




会社名:一般社団法人Arts and Creative Mind (ACM Gallery)
代表理事:杉本志乃
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-4-11福隆ビル1階
設立日:2018年3月
事業内容:展覧会の企画・運営・オリジナルアート作品の販売
               URL:http://www.aacm.tokyo

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社TRiCERA
サービスサイト:https://www.tricera.net/
問合先:info@tricera.co.jp

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
一般社団法人Arts and Creative Mind (ACM Gallery)
広報担当 萩中華世
TEL:03-6809-0082
Mobile:090-6001-9040
問合先:hana@aacm.tokyo

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン