このページの本文へ

パナソニック、全国の市街地をカバーするポータブルカーナビ「Gorilla」3機種

2020年05月12日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  パナソニック オートモーティブは5月12日、SSDポータブルカーナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」の新製品3機種を発表した。販売開始は6月中旬から。価格はオープン。

 ゼンリンの住宅地図をもとにし、全国の市街地を100%カバーするとうたう「全国市街地図」を搭載。全国の市区町村1741エリアをカバーし、建物の形状や道幅がわかる詳細な地図表示が都市部はもちろん、地方でも充実しているという。

 リアルな交差点拡大図やピクトグラムに対応した方面看板など、実際の道路案内に即した案内図を採用しており、画面を注視する「ながら運転」の抑制も期待できるとのこと。

 一時停止などの標識の見落としや、高速道路の逆走を警告する「安全・安心運転サポート」機能を搭載。交通事故や交通違反の未然防止を促すとしている。

 最上位機種「G1400V」は、最大3年間の「部分地図更新」に加え、全国市街地図やガイドブック情報を含む全情報を更新可能な「全地図更新」の無料サービスに対応する。タイプは7V型/16GB/VICS WIDE/無料地図更新。

 中位機種「CN-G740D」のタイプは7V型/16GB。

 低位機種「CN-G540D」のタイプは5V型/16GB。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン