このページの本文へ

ソフトバンク、PHS向け料金プランなどの提供終了を延期 2021年1月31日まで 

2020年04月17日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は4月17日、テレメタリングプランを除く「ワイモバイル」のPHS向け料金プランなどの提供の終了を、2021年1月31日まで延期すると発表した。

 今回、提供終了を延期するサービスは、「テレメタリングプランを除くワイモバイルのPHS向け料金プラン」「対象料金プランに付随する各種サービス、オプション」「PHSホームアンテナレンタルサービス」。

 7月31日に提供終了を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により携帯電話への移行手続きが困難になっている事情などを受けて、全国の医療機関をはじめとするユーザーから延期の要望が多くあがっている状況に鑑みて、延期を決定したという。

 なお、ワイモバイルのテレメタリングプランは、2023年3月末をもって提供を終了するとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン