このページの本文へ

新iPhone SEついに発表! iPhone 8ベースながら最新CPU搭載で4万4800円!

2020年04月16日 00時54分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは15日(現地時間)、第2世代となる新型iPhone SEを発表した。発売日は4月17日で、すでにApple Storeでの注文も可能。カラバリはブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの3色で、価格は64GBモデルで税抜4万4800円から(128GBモデルは税抜4万9800円、256GBモデルは税抜6万800円)。

iPhone 8ベースの本体に最新CPUを搭載
防水、FeliCa、ワイヤレス充電にも対応

 iPhone 8などと同じく、4.7型液晶とTouch IDに対応したホームボタンを備えるが、CPUにはiPhone 11世代と同じ、最新のA13 Bionicを搭載することで極めて高い処理性能を持つ。

 カメラについてもシングルの12メガながら、画像信号プロセッサとA13 BionicのNeural Engineにより、被写体の背景をボケさせるポートレートモードでの撮影も可能。また最大60fpsの4K動画の撮影にも対応する。

 このほかiPhone 8と同様にIP67仕様の防水・防塵仕様に対応、FeliCa搭載、Qi仕様準拠のワイヤレス充電などにも対応している。

 CPUが最新版になっているほかは、iPhone 8との共通点は多く、必ずしも新鮮味があるわけではないが、4万円台で購入できる新型iPhoneとして人気を集めることは間違いなさそうだ。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中