このページの本文へ

無線LAN子機も値下げ

バッファロー、IPv6対応ルーターのエントリー機をモデルチェンジ

2020年04月08日 17時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローは4月8日、手軽にIPv6を使い始められるエントリーモデルのWi-Fi 5(11ac)2×2対応Wi-Fiルーター「WSR-1166DHPL2」を発表。4月中旬に発売する。

 従来製品「WSR-1166DHPL」のモデルチェンジにあたる。IEEE 802.11ac/11n/11a/g/11bに対応し、有線LANポート×3、WANポート×1を備える。実売予想価格は5400円前後の見込み。

 また、4月8日より無線LAN子機「WI-U2-433DMS」の価格を値下げ(3740円→3410円)したほか、Wi-Fiルーター製品のファームウェアアップデートなどを公開している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン