このページの本文へ

LINE、新型コロナウイルス感染症の影響が見えるLINE利用動向レポートを発表

休校を受けて10代のLINE利用が大幅に活発化、LINE利用動向レポート

2020年04月07日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは4月7日、「LINE」利用動向に関するレポートを公開した。新型コロナウイルス感染症の影響を受けて休校が続くなか、グループコミュニケーションや「LINE NEWS」の利用が活発化しているという。

 LINEでは、これまでにも緊急時・大規模災害発生時には被災エリアでメッセージ送受信量が急激に増加するなどの変化が見られたという。新型コロナウイルス感染症の影響はLINEでのコミュニケーションにも顕著な変化があり、臨時休校措置やリモートワーク、外出自粛といったソーシャルディスタンスの傾向が高まった3月と、それ以前の2月の利用データを比較してまとめている。

 グループコミュニケーションでやりとりされるメッセージの総数(テキスト、スタンプ、画像の送信数合計)は前月比で29%増加。とくに、グループ通話の利用回数は全世代での利用が増加し前月比で62%増加。臨時休校の措置がとられてからは10代のLINEの利用が大幅に活性化しており、ビデオ通話送信数は全体で34%増加したのに対して10代では80%増加したという。

 また、新型コロナウイルス感染症に関する最新状況を掲載しているLINE NEWSでは、2月末以降にニュース記事をLINEのトークへとシェアする動きが全世代で増加し、特に休校要請があった2月27日においては前日比1.5倍のシェアとなった。LINE NEWSでは3月の月間アクティブユーザー数は7100万人を超え、この数値は過去最多という。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン