このページの本文へ

幸福度診断Well-Being Circleに新機能、幸せを支える特性が一目で分かる"幸せのかたち"をリリース

2020年03月25日 16時30分更新

文● 株式会社はぴテック

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社はぴテック
あなたの幸せを支える特徴的な要素を新機能”幸せのかたち”として見える化し、幸福度向上を促進します。

株式会社はぴテック(東京都目黒区 代表取締役:太田 雄介)は、幸福度診断Well-Being Circleの新機能、幸せを支える特性が一目で分かる”幸せのかたち”の提供開始致しました。新型コロナウイルスの影響でネガティブなことを目にする事が増えている昨今、自分の幸せを見える化することでポジティブな時間を提供し、SNSシェア機能でポジティブな情報を目にする機会を増やしたいという想いで創った機能です。リリースから4日で既に1万人を超える方々に診断頂いています。


■新機能、”幸せのかたち”
幸福度診断Well-Being Circleの新機能、”幸せのかたち”では、72問の幸福学に基づいた幸福度診断結果より、あなたの幸せを支える特徴的な要素を一目で見える化する機能です。FacebookやTwitter、Instagramなどの主要SNSでのシェア機能もございます。



新型コロナウイルスの影響でネガティブな情報を目にする事が増えている昨今、自分の幸せを見える化することでちょっとポジティブな時間を提供し、SNSシェア機能でポジティブな情報を目にする機会を増やすことで、日本中の幸福度を高めたいという想いで創った新機能です。
幸せな人は、免疫力が高まるということも研究から分かっています。
(ただし、あくまで免疫力を高めるだけですので、幸せな方も十分に対策をすることを推奨致します。)

・幸福度診断Well-Being Circle
公式HP:<https://lp.well-being-circle.com/>
診断ページ:<https://well-being-circle.com/>

3月20日リリース以降、1万人以上の方に”幸せのかたち”を診断頂き、「自分の幸せを見つめ直す機会ができた」、「自分のポジティブな部分が見える化されて嬉しかった」、「周りの人の”幸せのかたち”をみる事ができホッコリした。」といったご意見ご感想を頂いています。

■幸福度診断Well-Being Circleとは
株式会社はぴテック、一般社団法人ウェルビーイングデザイン、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科ヒューマンラボ(前野隆司研究室)、で共同開発した、72問のアンケートに答えることによって34項目にわたってあなたのウェルビーイングを調べることのできる幸福度診断サービスです。34の項目は、いずれも幸福度と相関することが研究によって検証された項目ばかりです。また、計測後は”幸福度向上ガイド”より、どのように幸福度を向上させれば良いか、学術的な背景を基としたアドバイスをみることもできます。個人アカウントは無料。企業・事業体におけるチームの幸福度計測、幸福度向上コンサルティングなどは有料で承っています。


■一般社団法人Well-Being Designについて
幸福学研究者である慶應義塾大学前野隆司教授が代表理事をつとめる団体です。すべての人の幸せな生活をサポートするために、株式会社はぴテックと共同で、幸福度診断Well-Being Circleを提供しています。また、企業・事業体向けには、有償となりますがWell-Being Circleによる組織診断のほか、個人とチームの幸福度と生産性を向上させるための講座・研修・コンサルティングなどのサポート業務を行なっています。
また、一般社団法人ウェルビーイングデザインでは、幸せに関連する情報の収集と公開、オンラインサロン"ウェルビーイング大学"の運営、ブログの運営、幸福度を高める対話を促進するWell-Being Dialogue Cardの普及など、ウェルビーイングの高い世界を構築するための各種活動を行なっています。
HP:<https://www.well-being-design.jp/>

【会社概要】
会社名:株式会社はぴテック
所在地:東京都目黒区
代表者:太田雄介
設立:2018/4/24
URL:<https://www.happytech.co.jp/>
事業内容:幸福度診断サービス、幸せ経営コンサルティング、研修、その他テクノロジーを使って幸せを増やす事業全般
発展しているにも関わらず、幸福度が下がっている世界に課題を感じ、もっとみんなが幸せになる、みんなが幸せに向き合う世界をつくる為に創業

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン