このページの本文へ

FAQ検索エンジン「Qontextual」、鎌倉市への無償提供を開始 市役所内での新型コロナウィルス関連の情報共有に使用

2020年03月24日 18時00分更新

文● 株式会社エクサウィザーズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社エクサウィザーズ
~官公庁、自治体、その他の公的機関に向けても無償提供の受付を開始~

 株式会社エクサウィザーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下、エクサウィザーズ)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、鎌倉市にFAQ検索エンジン「Qontextual(コンテクスチュアル)」の無償提供を開始しました。また同時に、同感染症に関する情報提供を行うその他の公的機関に向けても、同FAQ検索エンジンの無償提供の受付を開始しました。



 Qontextualは、質問回答、文章分類、意味検索など、文章に関連したあらゆる課題解決を実現するFAQ検索エンジンで、ホームページ内の検索高度化、コールセンターの業務支援、窓口業務支援、ChatBotの回答精度の向上、社内マニュアル等の検索高度化、技術職のマニュアル代替など、さまざまな業務に活用することができます。
 自治体や公的機関においては、新型コロナウイルス感染症についての市民からの「よくある質問」に対する窓口業務にQontextualを導入することで、時事刻々と状況が変化する中で職員の皆様が常に最新の状況を踏まえた返答ができるようになり、「市民への正確な最新情報の提供」と「対応する職員の負担軽減」が期待できます。
 そしてこのたび、鎌倉市役所内での新型コロナウィルス関連の情報共有をサポートするため、同市にQontextualの無償提供を開始しました。また同時に、同感染症に関する情報提供を行うその他の公的機関に向けても、同FAQ検索エンジンの無償提供の受付を開始しました。

 感染拡大の終息に向けてさまざまな公的機関が新型コロナウイルス感染症への対応・対策に取り組んでいるなか、エクサウィザーズでは今後も自社サービスの提供を通じて活動支援に取り組んでいきます。

■Qontextual概要
 企業内にあるQ&AデータをExcelファイルでそのまま取り込むだけで即時学習し、AIが質問の文脈に合わせて “検索意図に最も近いもの”を自動分析して検索、適した順に回答してくれるため、企業が導入している従来のQ&Aシステム等よりも早く簡単に、高品質なサービスを導入できることが特徴です。
 新型コロナウィルス関連の問い合わせ対応においても、Excelファイルを修正するだけですぐに更新ができるため、急な情勢変更に伴うQ &Aの内容変更に即座に対応することが可能です。
https://www.qontextual.jp/

<Qontextual利用図>



■お申し込み方法
下記のURLのWebフォームに必要事項を入力し、お申し込みください。
https://www.qontextual.jp/contact.php
※受付は予告なく終了させていただく場合がございます。

【株式会社エクサウィザーズ 概要】
会社名: 株式会社エクサウィザーズ
所在地: 東京都港区東京都港区浜松町1丁目18-16 住友浜松町ビル5階
設立: 2016年2月
代表者: 代表取締役社長 石山 洸
事業内容: AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決
URL: https://exawizards.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン